×ミニマルごはん:おそうざいを見直しませんか?



ミニマルごはんとは、普通の食材で簡単につくれるシンプルなお家ごはんのことです。

日々の食事は、量を少なめに、おいしく食べられる。
しかも、手順はできるだけ少なく、使う食材も少なくしたいものです。

働いている女性は多く、でも、家事はやはりまだまだ女の仕事という意識がありますね。

小さな子供がいても、フルタイムで働いているお母さんも多いのでは。



家族のごはんは、とても大切です。
家族の健康を考えることも大切ですが、なにより「一緒にごはんを食べる」という時間が大切なのだと思っています。


それぞれが、別の場所で1日を過ごす。
その前の朝ごはん、又は、帰ってきてからの夜ごはん。

家族のお顔を見て、ホッとした気持ちになる時間なのですね。


一人暮らしでも、同じことが言えそうです。

外で、精一杯働く。
家に帰ってきて、ひとりの時間は自分を取り戻すためにあるのですから。


手の込んだおごちそうは、お外で食べたらいいと思っています。
(外食、ね!)

お家のごはんは、シンプルで時間がかからずできるものが良いのです。


それから、こうも思っています。


日本の「おそうざい」を食卓に


うちにはお年頃の娘がいます(笑)
その娘がお嫁に行って、自分の家族を持ったとき。
「おそうざい」をつくれるようになっていればいいなーという希望もありますよ。(希望、よ!)


特に、最近あまり見ない「乾物」を使ったものは、いいですね。

乾物は、日持ちしますし、調理も簡単です。


昨日は、切り干し大根を炊きました。
干した大根は、干すことで旨味が増しますからね。煮物にすると、おいしいの。





<簡単な切り干し大根の煮物>

|切り干し大根
|にんじん少々(千切り)
|油揚げ 1枚(短冊切り)

|出汁(ひたひたになるくらい)
|砂糖(きび砂糖や粗糖で)
|しょうゆ

大根を水で戻す
サッと洗ってゴミなどを取り除く
鍋に戻した大根、にんじん、油揚げを入れて、ひたひたになるくらいに出汁を入れる
火にかけ、沸騰したら弱火
砂糖を入れる(お好みで)
大根が柔らかくなってきたら、しょうゆ(少しずつ味をみながら)
味が沁みたら、火から下ろす





煮物は、冷める過程で味が沁みていきます。
できたてより、冷めてからの方が美味しいので、作り置きも可能。
というか、作り置きして!(笑)

食卓の一品に、または、お弁当に入れることもできますからねー。


どこにもオシャレ感はありませんが(笑)しみじみおいしいです。


10分ではつくれないけれど(時短ではない)、手順は簡単です。

おそうざい、見直したいですね。


↓食材は、お野菜や調味料など色々あって便利なので、よく使っています。
お試しセットは、本当にお得!(色々入ってます)
● おいしっくすの宅配→最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!




では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )



↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


作り置きおそうざいがあれば、何かと安心。
しかしー。
娘は、あまり好まない(笑)

いいもん。これも、母の愛だもんねー。

 
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する