×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×断ることが苦手な人へ:ミニマルコミュニケーションで「NO」と言う



ミニマリストになりたくて、でもなりきれなくて。
と、ジレンマを抱えてしまうことってありますね。

その原因は、物理的に「モノが多い」ということもありますが、メンタル的に抱え込んでしまうことが多いことも、ひとつの原因だと感じています。

何かを頼まれたり、誘われたりした時に、なかなか断りきれなくて引き受けてしまってから「あーあ」と後悔してしまう(笑)

必要のないことや、面倒なことを引き受けなくてはならない時もあるとは思うのですが、必要以上に責任感を感じなくてもいいんじゃないかしら。


断りたくても、つい、引き受けてしまう方に、シンプルなひとつの方法を練習してみては?という提案です。


ミニマルコミュニケーション。

人とのつながりは大切にします。
自分の損得だけで、人を判断しません。

ただ。

コミュニケーションも「自分の軸」を持ち、複雑になりがちなものをシンプルにして行きます。

相手に対して「こうして欲しい」と期待するより、自分のコミュニケーションをシンプルな対応にして行く方が近道ですね。


■ 返事をする前に、ワンクッション置く


これを、練習してみてください。


「今夜飲み会だけど、行く?」
「行く行く!」

「これ、やっといてくれる?」
「はい」

「これ、お願い」
「いいよー」

ありがちですね(笑)

誘われたり、頼まれごとをされたりすると、反射的に「イエス」と言ってしまうことを止めるといいと思うのです。


「今夜飲み会だけど、行く?」
「そうね。ちょっと考えてみるね。後で返事するのでいい?」

「これ、やっといてくれる?」
「はい。少しお時間くださいね。予定を組んでみます」

「これ、お願い」
「できるかどうか分からないから、調整してみます」

と、こんな風に、すぐに返事せず、後から返事するようにするだけで、時間を稼ぎ(笑)ゆっくりと自分がやりたいかどうか、又は、できるかどうかを考えることができます。


反射的に「イエス」と言うから、後悔するのであって、考える時間を間に挟む、ということです。


これだけのことなのですが、練習しないと、なかなか難しい(笑)



わたしも、練習しました。
今、娘がこのメソッド(?!)を、練習しています。


職場でも使えますし、友人関係でも、恋愛関係でも使えます。


練習してみてくださいね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


今朝は、雨です。
雨の日は、余計にしずかな田舎の我が家(笑)

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。