×モノを減らした先にある、楽しみ



断捨離で捨てるときの基準は、

・ガラクタ
・使わないもの
・好きではないもの
・なくてもいいもの

そして、イヤな記憶のあるもの。

モノには、それぞれにストーリーがありますね。

いらないものを捨て、気に入ったものを残し、
過去もある程度手放せたら、とても軽くなってきます。


モノが少なくなってくる。
持たない暮らしに慣れてくる。

そうなると、その先に、お楽しみが待っています。


それは。


■ モノの入れ替え


好きなものを残したつもりでも、ないと不便だという理由で残ったものもあるはず。
好きなものを残したつもりでも、そうでもないかも、と気づいてしまったものもあるはず。


ミニマリストミニマルライフシンプルライフは、心地いい暮らしの究極スタイルだと思っていますので、モノが少なくなってからも、お楽しみはたくさんあります。


新しいものを買うとモノが増えるので、ひとつ買う時にはひとつ断捨離。という方も、多いでしょうね。

暮らしにも、ファッションにも、メイクにも、新しいものを取り入れる新陳代謝は必要だと感じています。


■ 暮らしに、新しい風を

モノを新しいものと入れ替えて、より快適な暮らしへ。
暮らしの工夫には、終わりがありません。

自分のために。家族のために。

モノを少なくして、すっきりする気持ちよさもありますが、モノを選ぶ楽しみもあっていいですね。

新しいモノで、新しいストーリーを紡ぐ。
家族の時間、自分の時間の楽しい記憶を増やしたいです。


少ないもので満足する暮らしは、欲がないのとはちょっと違う。
足るを知ることも大切ですが「もっと良くしたい」という欲は、生きる力につながりそうです。


何かひとつ。
入れ替えることを考えてみませんか?

きっと。
もっと大切なものを見つけるかもしれませんね。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE :)


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


スローコーヒーライフ。
今、興味がある分野です。

コーヒーカップ、プレスポット、美味しい豆。

仕事柄、コーヒーや紅茶も大切なので。

ゆっくりと、コーヒーを楽しむ、ゆとりのある暮らし。
一杯のお茶を飲む時間を楽しむこころのゆとりが、暮らしのゆとりにつながるのかもしれませんね。


おやつの時間も、大切に(笑)

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する