×「リトルフォレスト」は自然派ミニマリストにおすすめの映画



おやつにフォカッチャ。
バターとお砂糖の甘いフォカッチャです。
発酵バターのいい香り。


昨日は、夫がDVDを借りてきてくれました。
フォカッチャとコーヒーを用意して、観ました。




これが、ミニマリスト的におすすめできる映画だったの。
ミニマリスト、というか自然派ミニマルライフ?かな。

街から故郷へ帰ってきた主人公の女の子。
山の暮らし。自給自足的な暮らし。

畑を耕し、米を作り、パンを薪ストーブで焼き、山で採ってきた木の実で料理する。

自然の移り変わりの中に、暮らしがある。


身体で感じたことしか、信じられない


アタマで考えたことを、さも自分が知り得たことのように語ってしまう。
そんな人は、信じられない。

情報の多い日々の中で、どれだけ自分の言葉で語れるだろうか?


人は「身体」を持って生まれてきます。
アタマだけで生まれてくるんじゃない。

「身体」で体験し、そこから自分のアタマで考え、また体験し。

その繰り返しの中で、自分の生き方というものが立ち上がってくるように思っています。


淡々とした映画で、何も事件や特別なことは起こらないけれど、深呼吸したくなるような映画でした。


モノを持たないことがミニマリストという定義かもしれませんが、表面だけ持たない暮らしをしても深い所は変わらないな。と、自戒をこめて、思っています。


感じること。
身体を通して感じたこと。


自分の言葉を多く持ちたいですね。


週末。
ゆっくりと、美味しいコーヒーでも飲みながら。
映画鑑賞も、いいものです。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


映画館も好きですが、お家の中で、おやつを食べながらの映画鑑賞はとっても好き(笑)

今、リトルフォレストの冬春編を上映しているみたいですが、地方ではなかなか観れないな。
観られる人は、ぜひ!ね。


 
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する