×ミニマルそうじ術:洗面台をいつもピカピカに



モノが少ないと、おそうじがしやすいですね。
部屋の中や棚の上にモノがないと、格段にそうじがしやすくなります。

といううれしい変化を、モノを少なくして行く過程で実感するのではないでしょうか?

きょうは、忙しいわたしも簡単におそうじできる「術」(?笑)をお伝えしますね。

まずは、洗面台から。


■ 使ったら、水滴はすぐにふきとっておく

顔を洗ったり、手を洗ったり、ぞうきんを洗ったり。
洗面台を使うと、周りに水滴がつきます。
この水を、小さめのハンドタオルなどを洗面台に置いておき、すぐにその場で拭き取ります。

これにより、水垢がつきにくく、いつも洗面台はスッキリ。

店のトイレの洗面台は、ピカピカにしておきたいので、洗面台のそうじは乾いたタオルで磨く!
ゴシゴシ磨く!(笑)水滴をとるだけでなく、ゴシゴシ磨くように拭き上げると、つるつるピカピカの洗面台です。何年経っても、新品同様。


■ 手洗いの石けんの下に小さなスポンジを置いておく

トップの写真のように、石けんの下に小さなスポンジを置いています。
石けんを使った後、石けん水がスポンジにしみ込み、石けん置きを汚しませんし、そのスポンジで洗面ボールや水栓周りを洗えます。

スポンジは台所の食器洗い用。
かわいいものも色々ありますので、おそうじも楽しくなりますね。
洗面台も、かわいい。(子供もにっこりです〜)


■ 髪の毛などが落ちた場合はティッシュでさっと取っておく

これも、すぐに、こまめに。です。
排水溝に小さな網をつけて(100円ショップにあるよ)それも、ティッシュで汚れを拭います。


洗面台をいつもキレイにしておくのは、あらためてそうじをするのでなく、こまめに、使ったらすぐに。
「ついでそうじ」が時短につながりますね。


毎日そうじします。
1日に3回そうじします。

自宅の一角(1階部分)がレストランですので、店のそうじ、家のそうじと、人の倍そうじしてる気がする(笑)
特別にきれいじゃないし、キレイ好きでもないのですが、だからこそ、こまめなそうじで面倒くささから解放されてますよ。


きょうは「洗面台」の、ミニマルそうじ術でした。


今、掃除機の新しいのを探しています。
掃除機も、容赦なく使う回数が多いので、すぐにダメになっちゃう。

いいなーと思うのがあるのですが。また、ご紹介しますね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


自分が使った時には、こまめにそうじできるけど、
家人(夫と娘)が使った後は…

水浸し!
髪の毛も落ちてるしー。

「もー」って思うわー(笑)

 

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する