×東京旅行と選択の眼



東京へ行ってきました。
行きの飛行機から見えた富士山が、美しかった。

富士山って、きれいね。

そして、東京って都会だわー(田舎者、笑)


こんなに田舎の飲食店なのに、どうして東京を見に行くか?と言うと、そこを見なければ自分たちは田舎のレストランにすぎなくなってしまう。

そこそこでいいと思っていたら、別にすばらしいものを見なくてもやって行けるのですが、そうではない所を目指していたいので。

すばらしいものを見ると、それが自分の基準になります。
レストランの在り方、料理、サービス。
わたしの仕事だけでなく「すばらしいもの」「ほんもの」を見ることは、自分の基準を作ると思っているので、すべての事に当てはまりそうですね。


シンプルであることも、良いものを見たり体験したりすることで、より洗練されたシンプルがわかってくるのかもしれません。


シンプルライフ」も、「ミニマルライフ」も、
「どうでもいい、なんでもいい」ということではないと思っています。

選ぶ眼は、鋭敏にしておきたいですね。


今回の東京も、課題をたくさん見つけた旅でした。

レストランは、フレンチ1軒(三ツ星)イタリアン1軒(ランチで。一ツ星)
パティスリーは、1軒。


↓おやつ用に、焼き菓子買いました。一個300円。


銀座の外れにある小さなパティスリー。
お菓子の売り場と、奥にサロンがあり、ケーキを選んだらお茶と一緒に食べられます。
二人でケーキを3個とコーヒーと紅茶を頼んで、3000円超えくらい。

ほんとうに、美味しいケーキ。
味の組み合わせ、フルーツの使い方。
すべてが口に入った時の、バランス。
うなる、美味しさです。

● イデミ・スギノ


銀座に行きましたので、銀座三越のバレンタイン特設会場で、欲しかったチョコを買いました。
子供たちにも、お土産にして。



パリで店舗を持ち、東洋人でもっとも有名なパティシェ。
アオキシェフの作るお菓子は、日本食材も上手く使い、チョコレートの品質は、カカオから選んでいます。
パリにアトリエをもち、そこで日々研究したお菓子たちが作られています。

パリの店舗へも行きましたが、すばらしかったですよ。

その、アオキのショコラ。
3箱(6個入り)買って、8000円くらい。

それから、銀座の松坂屋のエルベシャプティエで、トートバックを見たのですが、
買わず(笑)

一番小さなサイズを見たのですが(それが欲しかった)
色や大きさ、素材感は好みなのですが、形がうーん。

底の部分が真四角です。
収納力はありそうですが、真四角なため、使いにくいかな?という印象です。

これで、1万円以上を使うのはどうかなー。

夫は、「パリの弁当袋」と評していました(笑)

まあね、そんな感じ(笑)



東京へ行っても、行きたいところも少ないですし、買いたいものも少し(お菓子とかパンとか)
ホテルでゆっくり過ごせるのが、いいですね。

掃除も、洗濯もしなくていいし!

一白二日の短い旅行でしたが、楽しかったです。
また、がんばらなくちゃ。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


旅に持って行くものを直前にひとつ足しました。
これがー、これがー、すっごく役立ったの。

救世主、でした。

都会のホテルの水が、敏感肌のわたしにはキツイんだな。きっと。

役立ちアイテムは→アトピスマイル


スゴい威力でしたよ、アトピスマイル。
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する