×トランクひとつになるための「生前整理」

花8

先日書いたこの記事→「「住み直す」モノと生き方を整理すること」

著者の方は、わたしのお店でお食事をしたことがあるということを思い出しました。(友人が連れてきてくれたの)
…と、そんなことではなく(笑)

居ながらにして「住み直す」という考え方で、生き方や暮らしを整理しています。
(とてもミニマリストミニマルライフ的な考えです)

店と暮らしが同じ場所の我が家。
2階部分が、生活の場所です。
ベットルーム、子供部屋、リビング。

どう暮らしたいか?
何が好きか?
仕事のやり方は、どうか?

そんなことを考えて、つらつらノートに書き出しています。


ふと、思ったのです。


わたしが死んだら、モノは残る。
そして、その残ったモノたちを処分したりするのは、子供たちだ。と。


死んだらなんて縁起悪いよ、って自分にツッコミを入れるのですが(笑)
もし(お得意の妄想)死んだら、残るものは少なくしておきたい。

子供たちに負担をかけないように。


「生前整理」という言葉があります。

■ 生前整理
:自分の死後の整理を、生きているうち(生前)に自分で整理すること



同じような言葉に「老前整理」があります。
これは、老後に備えて身辺を整理して、不要なものを処分し、住空間と心をスッキリさせる。ということです。

普通の断捨離やシンプルライフは「老前整理」に近いかな?


モノを少なくして行くことと同時に、最近やり始めたことがあります。

● 家族の大切な書類を整理し、ひと所にまとめる


まあ、財産は土地と家くらいですから、いいとして。
保険証書や、わたしなら、ネット関係を分かりやすくしておきたいと思っています。

2階のタンスの引き出しひとつ分に、保険証書とか、子供たちにとって大切なもの(生まれた時の記録やへその緒)をまとめることにしました。

家族写真は、ひとつの段ボールにいれています。
アルバムにしているものあり、バラに保存しているものあり。

ネット関係は、不要な会員サイトを解約し、使っているもののログイン情報は、書き記しておくつもり。
これらの情報も、上記のタンスの引き出しにメモをいれておきます。


できるだけ、普段使っているものも少なくして。
大切なものは、分かりやすい形で、ひとつの所にまとめておく。


今の年齢がどうであれ、人は必ずこの世から去る日がきます。

そして。

「死」を意識すると「生」に対して深い愛情が出てくるように感じています。


若い方は、実感がないかもしれませんが(笑)


残された人に負担がかからないように「生前整理」の考えで、断捨離とシンプルを極めたいです。


こうして行くと、トランクひとつ分くらいの荷物になるかも(希望)


まだまだだー。


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


暮らしの雑多なものって、ほんとうに多いですね。
捨てても、捨てても、出てくる出てくる(笑)

通帳(銀行)とカード類の整理もしなくちゃね。

 


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する