×ミニマリスト的、ミニマルごはんの基本

ぜんざい

昨日は、鏡開き。

ーーー
鏡開き:お正月に神様や仏に供えた鏡餅を下げて食べる日本の年中行事のひとつ。神仏に感謝して、お供えものを頂いて無病息災などを祈り、汁粉・雑煮などにして食べます。
ーーー

おぜんざいにして、頂きました。

暮らしが小さくなってくると、食事もシンプルになってきます。


小食は健康のもとでもあるので、基本は小食。
ただし、食べるものにこだわり過ぎず、何でもいただきます。


一汁一菜(いちじゅういっさい)

これを基本として、たいてい我が家では、

一食一菜(いっしょくいっさい)

又は、

一汁一食(いちじゅういっしょく)

ですね。


おかずが1品と、ごはん。
具たくさんの汁もの(スープも)とごはん。


食事のしたくも、簡単にできますし、
食べ過ぎることもなく、腹八分。


お茶碗に一杯のごはんを美味しくいただくための、おかず。
という、考え方です。


シンプルに食べる。

その時には、食材のおいしさや、調味料の品質にこだわってみてもいいかも。


お醤油ひとつで、味が変わります。
お味噌を変えると、みそ汁がグーンとおいしくなります。
塩も、旨味のある塩は、素材を引き立ててくれます。
オイルは、オリーブオイルか菜種油に、ごま油少々。

酢やみりんは、天然醸造で作られたものを。
お砂糖は、普段使いでしたら白砂糖より、てん菜糖などの自然の砂糖を。
ハチミツやメープルシロップは、パンにつけてもおいしいですね。

お出汁もかつおぶしとこんぶでとると、煮物や汁もののクオリティアップ。

最近教えてもらった、かんたんに出汁が取れるポットもありますね。

↓こんなの(楽天ショップでみつけました)



季節のものを、おいしくいただく。


日本古来の、食事の知恵を現代に活かしていきたいと思っています。



小さな暮らし。
ていねいな暮らし。


そう、ありたいですね。



では、またね。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



きょうのおやつも、おぜんざい。
きのうの残りをいただきますよ〜^^

小豆、だいすき!
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する