×ミニマリストを超えたところにある豊かさとは?

空10

大切なものを、みつける。
大切なものを、大切にする。

こんなに単純なことを忘れがちになってしまう、忙しい日常。

あなたの大切なものは、何ですか?

ミニマリストを超えたところにある豊かさは、特別ではない日々の中にあるとおもうのです。

ミニマリスト
最小限主義。

自分なりの最小限を実現して行くうちに、自分の中での「大切なもの」が際立ってきます。


それは、

・しあわせになりたい

という、根源的な欲求からきているのではあるのですが、
もっと深くには、

・自分が納得する生き方をしたい

というのも、ありそうです。


ミニマリストを超えたところにある豊かさとは

時間の豊かさ

にあると感じています。


時間の豊かさって、何でしょう?
あなたにとって、時間の豊かさはどんな風に感じていますか?


ミニマリストを超えた豊かさ…

↓ミニマリストさんたちのいち日の過ごし方も個性的ですね^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


手に入るものと、手に入らないものの違い。




■ 時間は無限ではなく、有限

昨年、息子の結婚、義父の永眠、愛犬ゴンの永眠。
それらは、わたしが選んで手放したものではありません。

モノは、捨てられるし、選んで手放せます。
モノは、必要になったら買えるし借りられます。

お金さえ、がんばって仕事を増やすと収入も増えますし、
借りることも、できるのです。


でも。



たいせつな人との時間は、過ぎて行くばかりで戻れない。
時間は、逆戻りは決してしない。


まだ、息子も家にいて、おじいちゃんも生きていて、ゴンちゃんとも毎日散歩できていたある日、こう思いました。


(ひとつ屋根の下で、家族4人と老犬2匹がいる今の時間は、今だけなのだ)


と。


そう思うと、過ぎて行く日々が、過ぎて行く時間が、愛おしくて泣けてくる。

「今」という時間は「今」しかないのです。



ミニマリストになるべくモノを手放して、手に入る豊かさとは、一番に「時間」があります。

モノが少なくなると、それだけ時間にゆとりが出てきますね。


その時間を、自分のためだけではなく、大切な人と過ごすことができるようなることが、ミニマリストを超えたところの豊かさだと感じています。


『時間を、紡ぐ』


一瞬一瞬を、横糸と縦糸を織り上げるように、時間の縦軸と横軸を紡いで行きたい。




わたしの、時間。
あなたの、時間。


紡いだ先に、美しい「人生」という織物が織り上がっていきますね。



ミニマリストを超えて、大切なものを見つけられますように。


では、またね。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



辛くて、悲しい時間でさえ、愛おしいものですね。


 
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する