×「リトルフォレスト」は自然派ミニマリストにおすすめの映画



おやつにフォカッチャ。
バターとお砂糖の甘いフォカッチャです。
発酵バターのいい香り。


昨日は、夫がDVDを借りてきてくれました。
フォカッチャとコーヒーを用意して、観ました。




これが、ミニマリスト的におすすめできる映画だったの。
ミニマリスト、というか自然派ミニマルライフ?かな。

街から故郷へ帰ってきた主人公の女の子。
山の暮らし。自給自足的な暮らし。

畑を耕し、米を作り、パンを薪ストーブで焼き、山で採ってきた木の実で料理する。

自然の移り変わりの中に、暮らしがある。


身体で感じたことしか、信じられない


アタマで考えたことを、さも自分が知り得たことのように語ってしまう。
そんな人は、信じられない。

情報の多い日々の中で、どれだけ自分の言葉で語れるだろうか?


人は「身体」を持って生まれてきます。
アタマだけで生まれてくるんじゃない。

「身体」で体験し、そこから自分のアタマで考え、また体験し。

その繰り返しの中で、自分の生き方というものが立ち上がってくるように思っています。


淡々とした映画で、何も事件や特別なことは起こらないけれど、深呼吸したくなるような映画でした。


モノを持たないことがミニマリストという定義かもしれませんが、表面だけ持たない暮らしをしても深い所は変わらないな。と、自戒をこめて、思っています。


感じること。
身体を通して感じたこと。


自分の言葉を多く持ちたいですね。


週末。
ゆっくりと、美味しいコーヒーでも飲みながら。
映画鑑賞も、いいものです。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


映画館も好きですが、お家の中で、おやつを食べながらの映画鑑賞はとっても好き(笑)

今、リトルフォレストの冬春編を上映しているみたいですが、地方ではなかなか観れないな。
観られる人は、ぜひ!ね。


 
関連記事

×「使いきる」始末な暮らしが豊かさにつながる



朝の果物。
最近は、もっぱら「りんご」。おいしいよねー。

いらないものをすぐに捨てるようにしています。
使わないものや、来た手紙も、すぐに封を開け確認したら保存もの以外は捨ててしまいます。

ちょっと置いておこう。というのがモノがたまる原因ですからね(笑)

今日は、

■ 使いきる

これを、考えたいです。


買ったものを使い切ることは、モノを活かすことにつながるので、できるだけ使い切ることにしています。

使い切ったら、何か…達成感ない?(笑)


例えば、ボールペン。
使い切ったら、すごーく気持ちいいです。

例えば、Tシャツ。
ほころびたら、つくろって。
もうどうしようもないくらいくたびれてきたら、ぞうきんにして使い切ります。
窓枠の汚れや、調理場の油汚れなどに。

シャツや靴下は、つくろいながら使います。
そして、チクチク縫いながら、次には何を買うかをリサーチ。
使い切ったら、新しいものを買いに行く。

ぞうきんも、使い切ったタオルで作りますし、
そのぞうきんも、ぼろぼろになるまで使います。

始末な暮らしです。


お金を持っているとか、貧乏だとかに関係なく、モノを活かした「使い切る」暮らしは、こころが豊かになりそうです。





有元葉子さんの著書を読みました。

ちょっと、きびし目(笑)
こだわりのくらしが美しくて、あまりの美しい暮らしにタジタジするかもしれませんね。

キッチン用品もオリジナルのものがあり、ステンレスの美しいものが多いです。

こんなに美しく暮らせたらいいなーと感じながら、まあ無理はしないでできる所から取り組んでみます。


最後の章に、「人も使い切る」ということを書かれています。


■ わたしを使い切る

そう、ありたいのです。わたしも。


出し惜しみしないっていうか、できることはやり切る、というか。
そんなこと。

人に対しても、見返りがあるからこれをしてあげる、
というのではなく、

できるから、する

という、単純なことを大切にしています。

できないことは、できない

のですから、できることをして差し上げたいですね。


1日のエネルギーも、一生懸命働いたり、家事をしたりして、使い切ります。

バタンキュー(古い?笑)と、眠れたら、最高にしあわせ。


人に対しても、モノゴトに対しても、自分に対しても。

■ 使い切る

こころに留めておきたいですね。


使い切った先には、何がある?

使い切り、からっぽの場所には、何か素敵な新しいものが入ってきます。


ホントだよ。実証済みですからねー。


きょうも、にっこり。
一生懸命に、ていねいに。

では、またね。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


本の紹介は、苦手です〜
子供の時も、作文は得意だったけれど、読書感想文は苦手だったな。

有元葉子さんの本を、まだ数冊読んでいます。

わたしの読書の傾向は、良かった本の著者をしばらく続けて読んでしまう。

有元葉子さんの暮らしの本を、またご紹介しますね。

そうだ!この「使い切る。」の本の中に紹介されていた掃除機が気になっています。
これを買おうかなーと思ってるのよ。



ね、コンパクトでいいでしょ。
有元さんも、使ってる。

ミーハーかしら?

関連記事

×「整える」ことで、家は生まれ変わる



「整える」というと、整理整頓とか断捨離してモノを減らすとか。
そう、考えてしまいがちですが、わたしはちょっと違う。

自宅がレストランで、その室内のおそうじや管理をしているのですが、その時にも「整える」ということをとても大切にしています。

家を「整える」ということは、


■ たたずまいを設える(しつらえる)

■ きもちのいい空間にする


ということ。


きのうね、友人が新しく建てた、小さなお家に行ってきました。


母屋があり、そちらでも暮らしを営んでいるので、この小さなお家は彼女にとって「基地」のようなものかな?なんて感じました。

1階部分にトイレと小さなお部屋と小さな台所。
2階部分は、ロフトのようなスペースです。


小さなお家の小さな玄関を開けると。

そこには、彼女の雰囲気を丸ごと感じる、キモチのいい空間がありました。


家ってね。
住んでいる人が「何を大切にしているか」で、眼に見えない雰囲気を作っている気がします。


置いているものが特別ステキグッズでなくても(笑)
かもし出されたものは、住んでいる人を映し出しています。


「整える」というのは、この「雰囲気」を作ること。


窓を開け、風を通す。
カーテンを開き、ひかりを入れる。
花を、飾る。

そして。

その「家」という場所で、自分自身が満足して安心して過ごす。


そうするうちに、その家の雰囲気が作られ、温かな空間になるのだと思っています。


どんな高級な椅子があったとしても。
その場で暮らす人の気持ちが悲しいものだったら、家も悲しいと思うのです。


今住んでいる所が、今住んでいる家が(部屋が)どうであれ。
この場所を、気持ちのいい空間にしつらえることは、いつでもできますね。

そして、それは、あなたにしかできないことなのだと思います。


自分の家を整えることは、自分の家を愛すること。
そうすると、自分を愛することにつながり、周りの人をも幸せにできるのではないかな。


そんなことを、友人とお茶を飲みながら、考えていました。


「家を慈しむ」暮らしをしたいですね。


シンプルに。
ミニマルに。


家も、こころも。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )



↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


店も同じで、どれだけキモチのいい空間を作っておくか?というのが、わたしの仕事と思ってるの。
おそうじしてキレイにしておくのはもちろんだけど、その場にいる「わたし」も整っていたら、いい感じになります。

「空間を整える」っていうことも、「おもてなし」につながるね。

眼には見えないことだけれどね。



関連記事

×ミニマルそうじ術:洗面台をいつもピカピカに



モノが少ないと、おそうじがしやすいですね。
部屋の中や棚の上にモノがないと、格段にそうじがしやすくなります。

といううれしい変化を、モノを少なくして行く過程で実感するのではないでしょうか?

きょうは、忙しいわたしも簡単におそうじできる「術」(?笑)をお伝えしますね。

まずは、洗面台から。


■ 使ったら、水滴はすぐにふきとっておく

顔を洗ったり、手を洗ったり、ぞうきんを洗ったり。
洗面台を使うと、周りに水滴がつきます。
この水を、小さめのハンドタオルなどを洗面台に置いておき、すぐにその場で拭き取ります。

これにより、水垢がつきにくく、いつも洗面台はスッキリ。

店のトイレの洗面台は、ピカピカにしておきたいので、洗面台のそうじは乾いたタオルで磨く!
ゴシゴシ磨く!(笑)水滴をとるだけでなく、ゴシゴシ磨くように拭き上げると、つるつるピカピカの洗面台です。何年経っても、新品同様。


■ 手洗いの石けんの下に小さなスポンジを置いておく

トップの写真のように、石けんの下に小さなスポンジを置いています。
石けんを使った後、石けん水がスポンジにしみ込み、石けん置きを汚しませんし、そのスポンジで洗面ボールや水栓周りを洗えます。

スポンジは台所の食器洗い用。
かわいいものも色々ありますので、おそうじも楽しくなりますね。
洗面台も、かわいい。(子供もにっこりです〜)


■ 髪の毛などが落ちた場合はティッシュでさっと取っておく

これも、すぐに、こまめに。です。
排水溝に小さな網をつけて(100円ショップにあるよ)それも、ティッシュで汚れを拭います。


洗面台をいつもキレイにしておくのは、あらためてそうじをするのでなく、こまめに、使ったらすぐに。
「ついでそうじ」が時短につながりますね。


毎日そうじします。
1日に3回そうじします。

自宅の一角(1階部分)がレストランですので、店のそうじ、家のそうじと、人の倍そうじしてる気がする(笑)
特別にきれいじゃないし、キレイ好きでもないのですが、だからこそ、こまめなそうじで面倒くささから解放されてますよ。


きょうは「洗面台」の、ミニマルそうじ術でした。


今、掃除機の新しいのを探しています。
掃除機も、容赦なく使う回数が多いので、すぐにダメになっちゃう。

いいなーと思うのがあるのですが。また、ご紹介しますね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


自分が使った時には、こまめにそうじできるけど、
家人(夫と娘)が使った後は…

水浸し!
髪の毛も落ちてるしー。

「もー」って思うわー(笑)

 

関連記事

×「ひとりの時間」で迷わず悩まない自分をつくる



ミニマリストも、シンプルライフも。
モノが少ないという以前に、アタマの中身が少ない(バカではない、笑)ということが大切です。

「自分は、どうであるか?」

これが分からないと、アタマの中もこころの中も混乱してしまいます。


ミニマリストシンプルライフ断捨離も、「モノ」から入るのは行動しやすいのでおすすめです。

おすすめですが、ともすれば「捨てる」「もたない」ということに意識が行き過ぎて、「どうしてそうしたいのか?」「その先に、何を求めているのか?」を忘れがちになってくるように感じています。


モノが少ないと、シンプル思考になって行くことは確かなのですが、「捨てなければ」「モノを持たないようにしなければ」と、「ねばならない」というキモチになってくるのは避けたいですね。


そうならないためには、これが必要だと思っています。


■ ひとりの時間をもつ


パートナーがいても、子供がいても、ペットがいても(笑)
忙しくて時間がないと感じている人も。

時間はない訳ではなく、時間はあるのです。
時間は、過ぎるだけに見えますが、刻むこともできるのです。

時間は「ある」と思えば「ある」のです。


わたしね、子供が小さな時。
子育て、家事、レストランの仕事、とても忙しかったです。
でも自分の時間を取らないと、「キーッ」ってなる(笑)
だから、ほんとに工夫しましたよ。

毎日やったのは「日の出とともに起きる」こと。

あの頃は、携帯もないし、パソコンもなかったから(昔ねー)
日の出とともに、そーっと起きて、ひとりの時間を作っていました。

コーヒーをいれて、小さなパンを温めて、
新聞を広げて、ゆっくり読む。

時には、読みかけの本の続きを読む。

ほんの1時間程の時間だったのですが、自分に還る時間として、ほんとうに大切だった。
そして、その時間が大好きだった。


寝ている間に、脳は1日の出来事を整理すると言われています。
それと同じように、自分ひとりの時間で、自分を整理する。


忙しさに流されていると、忘れてしまうことがある。
人の世話ばかりしていると、忘れてしまうことがある。
周りのことばかり気にしていると、忘れてしまうことがある。


それは。


自分のこと


自分が何を感じ、何を好きで、何が欲しいか。

「自分の快」が分からないと、いくらモノを捨てても、モノを持たなくしても、行き先を見失ってしまいます。


ミニマリストシンプルライフも、行き先が分からないと、迷路に入り込むと思うのです。


悩まない、迷わない。
そうした毎日になるためには、

誰とも話さず、誰にも会わず、周りのことを何も考えない。

ひとりの時間

自分だけのために、お茶を入れ、
自分だけのために、時間をつかう。


それにより、こころはしーんとした泉を見つけるのですね。


時々、還りたい、自分のこころの森。


静かな、音のない世界。
静かで、ゆたかな世界。
静かに、たゆたう世界。


ひとりの時間は、リセットの時間。
と、おもいます。


あなたは、ひとりの時間に何をしますか?
ふふふ。楽しみですね。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


ぼーっとしてる時間が大好きです。
でも、ぼーっとし過ぎ!って夫に言われちゃう(笑)

わ、わたしだって、やるときゃやるさー(強がり)

そうそう。
菜の花のパスタを作りましたよ。
菜の花とオリーブオイルでシンプルな塩味のパスタ。

この時期、菜の花などの「花野菜」おすすめです。

伸びゆく先端の野菜は、エネルギーが満タンです。

美味しいしねー。



関連記事

×女性の育毛剤:敏感肌でも使えるハリモアの育毛検証結果



女性の育毛剤にも、色々あって。
どれを選んだらいいのか?何を基準にしたらいいのか?
迷ってしまいますね。

口コミの評判がいいから良い育毛剤とは限らなくて(正直な所、ね)
売れているから、効果があるか?というと、それもあやしい(笑)

わたしは敏感肌で、いままで使ってみた育毛剤は、ほとんどアレルギー反応を起こしてしまいました。
商品はいいのかも知れないのですが、アレルギーがおきてしまうと使えません。

反応が起きなかったものは、効果を感じられなかったり。

むずかしいね。

でもね。
やっと見つけたのですよ。女性の育毛剤の納得の商品。

美容液成分で、指定成分排除。敏感肌でも安心して使えます。
(わたしでも使えましたから、大丈夫です)

● 美容液育毛剤「薬用ハリモア」





2週間強、使ってみた検証結果です。
ちょっと分かりにくいのですが、見てくださいね。


・1/29(使う前の、前髪生え際)

  ↓
  ↓
  ↓
・2/18(2週間強、ハリモア使用後)



どう?ボリュームアップしてるでしょ?(笑)
育毛剤がこんなに早く効果が出ると思ってなかったです。
1本使ってみてから、良かったらお伝えしようかな?って思ってたのよ。

でも、こんなに早く、効果が出始めました。

うれしいねー。

どちらも、画像加工してません。
朝シャンプーして、自然乾燥。
髪が乾いてから、写真にとりました。


ハリモアを使って、効果が早く出た理由のひとつは、
haruシャンプーを使っていて、頭皮の状態が良くなっているから。ってこともあると思います。

参考記事→「haru 黒髪スカルプ・プロで抜け毛・白髪改善:白髪に効果が!検証結果」

要するに、土壌が整ってたのね。

haruシャンプーにも育毛の効果があり、使って一週間で実感していたのですが、ハリモアを使い始めて、育毛速度がスピードアップしています。


前髪、薄かったから…
ボリュームアップして、ほんとうにうれしいです。
生え際が目立たなくなってきたので、前髪伸ばし始めました。


女性の薄毛は多くなってきています。

ストレス、ホルモンバランス、強いシャンプーやコンディショナー。
出産前後も抜け毛が多くなります。
女性の部分かつらも出てきたように、悩んでいる人多いですね。

まずは、あきらめないでケアしてみてください。


今まで、効果を感じられなかった方も、実感できると思いますよ。


使い方は、気になるところの地肌にスプレー。
地肌を軽くマッサージします。

わたしは、前髪の所にだけ使っています。


● 今なら初めての購入で、半額になってます。
 こちらから、お試しくださいねー。
 →美容液育毛剤「薬用ハリモア」



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


写真のせるの恥ずかしいね(笑)
でも、写真だとよくわかるから。

育毛剤のおすすめが見つかって、よかったです〜^^
関連記事

×シンプルに食べることは、シンプルに生きること



今朝は、バゲットにイズニーのバター(フランス/ノルマンディー産)を贅沢にてんこ盛りにして食べました。
美味しかったです。

日曜日に本屋さんへ行って本を買いました。
買いたいものは別になかったのに、クルクル回るうちに、手には2冊の本が!
ああ…また本を買ってしまった(笑)

本屋はわたしのテーマパーク。楽しいよ。

で、一冊は末期のガンを食事で克服した本。

友人が「思わず手に取って買ってしまった」と言っていたのですが、わたしも同じ気持ちになりました。

前半、闘病からの体験話しなのですが、これがスゴかった。






もう、何度も転移して、最後に歩けなくなって余命3ヶ月。
どうせ死ぬのなら、やりたいことをやるのだ!と、車いすでフランスへ渡ります。

モネの庭を見て、思い残すことはない。
水が飲みたくて立ち寄ったマルシェで、水がないので大嫌いなトマトを食べた。

味覚障害があったのに、食べたトマトは瑞々しく、身体にしみこむ美味しさだった。

食べることって、こんなに大切なのだ。

体中が喜んでいる。

それから、食べることに対して勉強し始めます。

今は、薬膳とフランス料理とハーブの知識を統合させ、独自の薬膳料理を教えています。

「自分の身体を自分で整える」


大切ですね。この考え。


自分の身体は、自分で整える。

シンプルですが、奥深い。
シンプルだけど、力強い。


薬膳は、食材が複雑になりますが、わたしはもっと単純じゃないかな?と、感じています。


この人の身体を立て直したのは、

■ 生きる力

そして、それは、

■ 食べたい

という、身体からの欲求だったのではないでしょうか。


「食べたい」は「生きたい」につながると思うのです。


何を食べるか?より、
「おいしいねー、おいしいねー」と食べることで、
身体は、その自然治癒力を発揮させるのかもしれません。


そして。

大切なのは「唾液」
よくよく噛んで、自分の唾液を出す。
よくよく噛んで、食材の味を噛みしめる。

「唾液」は、いちばんの「薬」だと思っています。


もっとシンプルに食べることを考えてみたいです。
食材は最小限、ミニマルに。
調味料も、最小限、ミニマルに。

ミニマルごはん。工夫しがいがありますね。


きょうは、何を食べようかなー。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


食に、特別なこだわりはないの。
「こだわり」って、からだを固くするでしょ?
そして、からだが固くなったら、こころもキュウクツ(笑)

何でも「おいしいー」と言って食べるのはわたしの特技(?)です。

まあね、単なる食いしん坊(笑)



関連記事

×[老犬と暮らす]犬と一緒にシンプルライフ



昨年末、14歳黒ラブのゴンが旅立ち、49日が過ぎました。

ゴンも老犬で、最後の数年はてんかん発作と胃の病気でした。
食事の工夫、暮らしの工夫など老犬と暮らすことで、自分たちの暮らしもそれに合わせていきました。

今、ゴールデンレトリバーのイブ(女子、笑)と一緒に暮らしています。
ゴン亡き後、2頭飼いだったのが1頭になり、ちょっと楽と言えば楽になったのですが。
(でも、さびしいの、とても)

イブも、12歳を過ぎています。もうすぐ13歳。
最近からだの具合が思わしくなく、ちょっと心配。

犬がいるから(家の中に)掃除も工夫しますし、自分たちのことだけでなく犬のケアの時間も必要ですが、できるだけシンプルにミニマリスト的に考えています。


犬がいても、シンプルに暮らせますね。
そして、犬が老犬になってケアが必要だとしても、ものごとはシンプルです。


大切なことは、

■ 犬と一緒に、毎日しあわせであること

だと、思っています。


私たちだけがしあわせではなく、犬もしあわせであること。
逆に、犬がしあわせだけでもなく、私たちもしあわせ。

双方が、毎日をにっこりと暮らせるようにしたいですね。


犬、飼ってます?
犬も、子供も、同じかも知れない。

散らかす、走り回る、片付けない(笑)
世話が必要な同居者ですねー。


イブはどうやら心臓が弱ってきているみたいです。
心臓病の犬と暮らすことの、あれこれ工夫も、ミニマルライフのひとつとして書いて行こうかなと思っています。


犬好きの人も、ネコ好きの人も、ペットを飼ってない人も。

家族と暮らす、ということは、
自分だけでないということです。

一人暮らしなら、自分のことだけを考えて暮らして行けばいいけれど、家族がいると思うようにならないことも多々ありますね。

そんな時に、よりシンプルに暮らす、よりシンプルに考えることが大切だろうと感じています。


老犬、それも病気持ちだと、飼い主は心配でたまらないでしょう。
けどね、心配してても病気が治る訳ではない。

前向きに、明るく、満足できる日々を過ごして行きたいです。


犬のごはんや、ケアや、お掃除のこと。
お伝えできたらいいなーと。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓ミニマリストさんたち、ペット飼ってる?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


今朝のイブちゃん。
明け方に、呼吸が苦しかったのか、おすわりしてた。
でも、ごはんはうれしそうに食べました。
食いしん坊は、変わらずです^^

関連記事