×男もノームコア:パートナーを素敵にする方法



先日、夫の誕生日にプレゼントしたネクタイ。
フェラガモのネズミ柄、ピンク。

夫婦またはパートナーと一緒にお出かけする時に、自分はシンプルなファッションで決めたいのに、パートナーと合わせる事ができない。

そんなお悩み(笑)の方に、パートナーの服装をシンプルにそして素敵に魅せるコツをお伝えしますね。

男性のノームコアも素敵です。

●参考記事→「「ノームコア」という普通」


■ シンプルなものをプレゼントする

これは、一緒に買いに行くといいですね。
パートナーに服を選んであげる、そして、ショップの方にアドバイスを受ける。
ショップの方に「よくお似合いですよ」と言われるとうれしいものです。

自分では選ばないような服も、着てみようかな、というキモチになるようです。
(さりげなく、本心で褒めてあげてくださいね)



■ パンツ

これは、丈が大事。長過ぎず、短か過ぎず。全体のバランスを見て決めます。
スリムタイプのパンツは少し短めでも。
逆に、普通幅のスーツのズボンなどは、くるぶしが隠れるくらいの丈がいい感じです。
ヒップ周りは、少しだけゆとりのあるもの。ジーンズもスキニーは男性にはお勧めできないです。

■ シャツ

大きいものはさけます。ゆとりがあると着ていて楽かもしれませんが、程よくフィットしているサイズがいいでしょうね。
それから、首周り、袖丈も、程よくゆとりがあるものを。
パンツにインする時には、シャツの丈は気にしなくていいのですが、シャツを出してカジュアルに着たい場合は、ヒップが隠れるか隠れないかの丈がバランスよく見えます。

襟の形は、パートナーに似合うものを見つけてあげてください。
ジャケットの下のシャツに、小さめのスタンドカラーのシャツもキレイです。
少し前ボタンを開けて、襟を立ち上げて着ると、ヨーロッパの男性風(笑)

■ ジャケット、スーツ

シンプルなものを選びましょう。
素材も定番のものを選びますが、ジャケットは素材感で変化を付けるといいですね。
光沢のあるもの、織りのあるもの(ウールなど)
素材が変わると、同じような色味でも、ひかりの反射具合が違っていて、新鮮です。

ジャケットも、フィットしたサイズがいいと思います。
ジャケットのサイズは本当に大切。これがピタッと決まると、とたんにオシャレ感がでますから。

■ Tシャツ

若いパートナーの場合、だぼっと大きめのを無造作に着るのもいいのですが、ある程度の年齢だと、やはり小さめピッタリ目が清潔感があっていいですね。
真っ白が似合う人は少ないのですが、白地で少しプリントのあるもの。それから、色物も形がシンプルだとジーンズに合わせてオシャレです。


■ 靴、ネクタイ、財布

これらは、少し予算を取りましょう。
女性もそうなのですが、男性も、ファッションのポイントになるところには良いものを選ぶと、格が上がって見えます。
靴ははきやすいオーソドックスな靴。よく手入れして、清潔感があるように気をつけます。
財布は、良いものを。
シンプルで、分厚くないものを。
ネクタイは、定番の色と形を持っていたら、3本目からは色や柄で遊んでみてもオシャレです。
全体に占める割合が少ない部分ですので、思い切った色や柄で、いつもと違った雰囲気にしてあげると、男としての自信がつきます。


男性の洋服も、シンプルに。
色は、グレー、紺、茶系統を基本にしたら、ノームコア(笑)


人は見た目じゃなく中身だ!と、思っているかもしれないですが、接客業20年以上の私から見ると、初対面では中身は見えないので(笑)外観の印象はとても大事です。

会社努めのパートナーも、素敵になると、仕事上でも信頼されるようになります(ホントです)
自営業、フリーで仕事をしている人は、もちろん、見た目重視してください。
あなたの雰囲気が、仕事のクオリティーを感じさせますから。

男性は、仕事が中心になります。
しかし、仕事ができる人、会社でもトップの方、そしてフリーで活躍されている方は、例外なく清潔感がありオシャレです。

これは、長年男性を見てきて間違いないと感じています。


女性である自分もオシャレしたい。
でも、一緒に歩くパートナーもオシャレにしてあげてくださいね。


男を育てるのは、女の仕事(笑)



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


男性、清潔感がスゴーく大事。
夫にもそれを気をつけてあげてます。
ほっといたら、おじさんっぽくなってしまうからねー(笑)
関連記事

×haru 黒髪スカルプ・プロで抜け毛・白髪改善:白髪に効果が!検証結果

haruシャンプー

haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプーで、髪質が激変したことは検証済みです(画像付き)

●参考記事→「髪質改善:髪 ツヤツヤ しっとりに激変したノンシリコンシャンプー」

今日は、「白髪」にはどうか?を検証し続けた結果をお伝えしますね。

昨日ね、メイクの時に鏡に映っている髪の毛に光る白髪があって。
時々(ダメなんだけど)抜いているのです。
まだまだ白髪染めをしなくてもいいし、haru シャンプーを使い出してから白髪は増えていない感じだから、気になった時にだけ抜いたり切ったりしてます。

で。
で!!(笑)

昨日、いつものように抜いたら…
根元が黒々していました。

前にも根元が黒い毛を見つけていたのですが、シャンプーのおかげなのかどうか、1本では分からないなって思ってました。
でも、2本抜いたら、2本とも根元が黒かった!

もうねー。うれしかったですよ。
これで、haru シャンプーの白髪への効果は、実証できました。

良かったわ。うれしいです。
シャンプージプシーをしている人に、使って欲しいです。

敏感肌でも、アトピー肌にも優しい成分で、
乾燥した頭皮にも効果があり、フケやかゆみも止まります。

●参考記事→「頭皮、乾燥 注意報: ふけ かゆみのケアに haruシャンプー」



■ haru スカルプ・プロ シャンプーで白髪・抜け毛への効果

↓ジャーン(笑)


ね、ね、ちょっと見えにくいけど、根元が黒々しています。
(抜いてしまって、もったいない…)

頭皮の状態を改善して、髪の毛自体も有効成分でコシのある柔らかな髪。
ツヤも出て、天使の輪も再来。
白髪が黒くなり始めたので、ほんとうに続けてよかったなーと思っています。

わたしは、1本で3ヶ月もつので、コストパフォーマンスも最強かと。

一緒に、美髪になりませんか?


抜け毛・白髪に効く!<haru スカルプ・プロ シャンプー
 購入はこちら→【抜け毛】【白髪】【育毛】のケアがこれ1本


ほんとにね、うれしかったの。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )

↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


白髪、抜いたらもったいないね。
今度から、ちゃんと切るようにするわ。
娘から言われちゃった。
「おかあさん、白髪は抜いたらダメよー」って(笑)

はいはい。気をつけます。
っていうか、こんど白髪チェックしてね。

関連記事

×ミニマルライフはスローダウンな生き方

雪

ミニマルライフもシンプルライフも、一生懸命になりすぎると、義務になってきますね。
「捨てなければ」とか「もっと物を減らさなくては」とか。

周りを見渡してみると、急いでいる人が多いみたい。
忙しい人も、ね。

せまい日本、そんなに急いでどこへ行く…っていうのが昔あったね(知ってる?)

できるだけ多く、できるだけ効率よく、できるだけ便利に、できるだけ早く、できるだけ…


疲れちゃうね(笑)


もう、そんな忙しい世界から離脱しませんか?

「人生は長いようで、短い」というけれど。

「人生は、短いようで、長い」のではないかな。


「育む」という言葉が好きです。

子供を育てるのも「育む」
野菜やお花を育てるのも「育む」
犬やネコちゃんを育てるのも「育む」

そして。

自分を育てるのも「育む」
人との関係を良くして行くのも「育む」


忙しいとか急いでいるとかは、心ここにあらず、の状態です。

無意識にいち日を過ごしている。
無意識に、時間が過ぎて行く。


ちょっと立ち止まり、深呼吸でもして。
空を見上げて、ため息ついてもいいから(笑)


スピードをゆるめた生き方にしてみると、
時間がない、といったキモチが変わり、本当は時間はたくさん用意されていることを知るのかもしれませんね。


スローライフ、と、言葉にしたら陳腐になりそうですが、スローでいいんじゃないかしら、と思います。


今日は、ゆっくりと自分においしいお茶でもいれて。
ゆるりとした時間の流れを感じてみたいと思います。


忙しい時こそ、ゆっくりと。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとう^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


忙しいっていうことは、やる事が多すぎるんだね。
仕事だからしかたないよーと思うかもしれないけど、
もしかしたら、やることを減らす事ができるかも。

「減らす」と意識していると、いいアイデアが見つかったり、
いい方向に向かいやすいですねー。

完璧主義は卒業しましょう〜^^









関連記事

×夫がミニマリスト的であること



夫の誕生日。55歳になりました。
ゴーゴーだねーと笑ってお祝い。

夫は、もともと興味の対象が少なく、ミニマリスト的な生き方をしています。
ことばの「ミニマリスト」には、全く興味を示さないのですが、わたしから見たら私より余程ミニマリスト。

自分の好きなことしかしません。
自分の好きなものしか興味がありません。
自分の好きな物しか買いません。

50歳を過ぎた頃から、その傾向はさらに強固になりました(笑)


50からは、生き方を再構築する時期なのだと思います。

若い時のように、体力が有り余っていることもなく。
子育ても一段落する時期。

夫婦も、「おとうさん」「おかあさん」という役割が減り、パートナーとして再出発する感じです。


自宅でレストランをしているわたしたちは、
夫婦であり、仕事のパートナーでもあります。

仕事の在り方も、生き方も、もう一度考え直してみる。
暮らし方も、変化が求められる。
好きなものも、変わってくるかもしれませんね。
似合うものだって、昔のままという訳にはいかなくなります。


50を過ぎたら、女性も似合うものが変わってくるように、男性の洋服のスタイルも変わり目なのです。


好きなものしか着ない夫に、昨年から身につけるものをプレゼントするようになりました。


夫が持っている服は、

● 普段着
・リーバイスのジーンズ(リーバイスしかはかない)1本
・エドウィンの綿パン1本
・長袖Tシャツ2枚
・ダウンベスト1着
・革ジャン1着

● 外着
・黒のスーツ1着
・ネクタイ2本
・綿のパンツ1本
・ジャケット(光沢のあるグレー)1着
・シャツ 3枚
・キレイ目ニット1枚
・キレイ目Tシャツ(半袖)2枚

昨年のお誕生日に、新しい革ジャンをプレゼントしました。
今年は、来月東京に行くので、スーツに合わせて新しいネクタイを。

いつものネクタイは、オーソドックスな紺色などですが、今年は55ということで(笑)ちょっと遊び心のあるものを選びました。

ピンクの小さなネズミ柄のネクタイ。

合わせてみると(一緒に買いに行った)なかなか顔写りがよく、明るく見えます。
よくよく見るとネズミ柄と分かるくらいの柄物ですので、抵抗もない感じ。

そして。

娘からは、「お父さんに似合いそう」と、薄いベージュグレーのニットとシャツをプレゼントしてもらっていました。

良かったね。
センスのいい娘からのプレゼントは、自分では選ばないような色や形なのですが、「似合うよー」と言ってもらってうれしそう。


男性も、気を抜けば「おじさん化」します。
女性が、気をつけなければ「おばさん化」するように。

男性を素敵にするのは、女の仕事(笑)
いや、冗談ではなく、ホントの話し。

いつまでも、素敵に年を重ねて欲しいと思っています。


そして。


わたしも、いつまでも美しく年を重ねて行きたい。
それは、夫に「まあまあイケテル」と思ってもらえるため。

「きれいだね」と言ってもらえなくても、
「まあまあ」と言われるだけで、うれしいものです。

夫婦のパートナーとしての在り方が変わり始める50代。

「親」としてのパートナーより、
「仕事」としてのパートナーより、
「男と女」としてのパートナーに再びもどりたいな。

出会った頃の恋愛というより、
年月を重ねて、共に過ごした時間がもたらす、「側にいる」という関係。


もっともっと高齢になった時に、手をつないで歩きたいです。

…今は、嫌がりますが(笑)



お誕生日、おめでとう。
あなたに出会えて、しあわせです。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも応援、ほんとうにありがとう^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


自分がキレイである努力は、自分のためだけではないですね。
一緒にいる人のためでもあるんだわー。

キレイになる努力、大事だね(女は捨てない、笑)




関連記事

×「小屋」を妄想する、ミニマルライフ



もし、もし。
小屋に暮らすとしたら。
小屋が家だったら。

そんな妄想をしてみました(笑)

小屋、好きなのです。とても。
小さな暮らしの究極版、小屋。

ひとつの小さな建物(小屋)で、暮らすとしたら。

もうすでに少なくなっている持ち物よりも、もっと少なくしなくては、小屋には入らない。
キッチンも、簡単な作りになるだろうから「食べる」ことも、さらにシンプルにしなければならない。
冷蔵庫も大きなものはいらなくて、その日の食べるものを畑で取ってくる、又は必要なものだけを購入する。

洋服も、クローゼットは小さなスペース。
だから、シンプルで着心地のいいものが基本。

質素で簡素ではあるけれど、凛として生きて行きたいから「貧乏」くさくはない(笑)

究極の小さな暮らしが「小屋」にはありそうです。


「場」の力。

小さな「場」でも、世界に灯りをともすことはできるのではないかな。
この「場」に灯りがともり、そんな人達が多くなってくると、灯りが点々と世界を照らすことになると思っています。


もし、もし。小屋で暮らしたら。


そんな妄想は、小屋からもれる優しいひかりと共に、わたしのこころを温かく照らしてくれるのでした。


妄想、万歳!


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


妄想のインスピレーションは、この本から。
中村好文さんの設計した「小屋」たち。すばらしいわー



小屋とは関係ないけれど、育毛の話し。
スゴーく気に入って使っているシャンプーで髪質が激変して。
そうしたら、少し欲が出てきた(笑)
で、積極的に育毛してみようかと、探してみました。
無添加で、敏感肌でも使えそう。そして効果がありそう。
使ってみますね→美容液育毛剤「薬用ハリモア」


 
関連記事

×「住み直す」モノと生き方を整理すること

花6

モノを捨てて、整理する時に支えになる考えをお伝えしたいと思います。

それは。

「住み直す」という考え方。

これは、引っ越しするということではなくて、居ながらにして「住み直す」考えで暮らしを整理してみるということ。

昨日、この本を読み返しながら考えていました。




50を過ぎて、同居の母親も弱ってきた。
自分たちの仕事も変わり目だと感じている。

さて、これからどうすれば?

そんな時に、今まで住んでいたところから(広いマンション)昭和の一軒家の2間に引っ越す過程が書かれてあります。

わたしは、引っ越す予定もないですし、今ここで暮らしと仕事(飲食店)をやっています。

でも。

「住み直す」ことを考えてみた時に、

・どんな風に仕事をしたいのか?
・家族とどんな風に過ごしたいのか?
・何を大切に生きるのか?
・自分の周りの環境整備と思い直し
・必要なものと、そうでないもの
・どうしてもやらねばならないことと、やらなくていいこと
・数を減らす、行動の単純化

若い時には、自分の気持ちひとつで何でも決められます。
年を重ねるたびに、家族は増え、そして減り。
親世代の介護などの問題も出てきます。

自分も、もう若くはなく、体力の限界も分かってくる。

今のところで、今の暮らしを再構築するために「住み直す」ということを手がかりに考えてみたいと思います。


本の中で、著者は一冊のノートを作ります。

「住み直す」というノート。

ここに、持っているもの、手放すもの、捨てられないもの、間取りのアイデア。
「住み直す」ために考えた色々を書き留めています。

このアイデアを、ちょっとお借りして(笑)

わたしも、「住み直す」ノートを作りたいと思っています。


居ながらにして「住み直す」ことは、できると思うのです。


久しぶりに、2階の自宅スペースの模様替えなどを考えたいな。
そう思うと、ワクワクしてきました。


小さな家の小さな暮らし。

そして、その中にわたしと家族がゆるやかにつながってにっこりしている。


「住み直す」ために「選び直す」

いっしょにやってみませんか?


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


自分の机がほしいわー。
それと、座り心地のいい椅子!


関連記事

×日記が暮らしをシンプルにする

空11

日記を毎日つけています。
手帳に書く年もありますし、パソコンで保存している年もあります。

日記をつけるようになって、変わったことがあります。

それは。


■ 暮らしをていねいに思うことができるようになった

ライフログのように書き留めておこうと思ったら、何だか暮らしに対してていねいさが出てきたようです。冷静になり、より静かな坦々とした毎日です。

■ やっていることや食べているものを振り返って、いらないものを手放す手助けになっている

書き留めることで、振り返りができます。振り返った時に、自分に必要でなかったなと思うことが見えてくるのです。それを、やめる。ただそれだけで、とてもシンプルになってきました。

■ 無意識を意識化できるようになった

日々は、無意識に過ぎて行きます。それを意識し書き留めることで、自分の行動に責任をもてます。
何が過剰なのか、何が不足なのかがわかってきます。



そして、日記をつけることで「今日」という日が際立つ効果も感じているのです。

自分が、何をいちばん大切にしているのか。
自分は、何をやりたいのか。

「今日」が際立ち、「今日」に迷いがなくなります。


日記。いいですよ(笑)


昨年末から、毎日スマホとパソコンに保存できるアプリを再度使うことにしました。
そこに、日々の出来事やお天気などを保存。

手帳にも、簡単に書いています。


自分を静かに見つめる時間になっていて、それがとても心地いいです。


読んだ本。
食べたもの。
気に入った言葉。
家族の出来事。
ふと、感じたこと。
悩んでいること。
自分をはげます言葉。


今の自分に「OK」を出し続ける。


日記の効果。あらためて感じています。


とても、いい本を読みました。
静かで坦々とした暮らしと仕事。

祈るような日々は、わたしと同じ匂いがしました。
(彼らの方がずいぶん若いけれど)

暮らしと仕事が同じところで完結する。
それは、生き方がまるごと仕事につながることでもありますね。

小さな暮らしは豊かである。そんな本です。





では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


きのう、久しぶりに図書館に行きました。
読みたい本が図書館にあるとうれしいね。
上記の本は、買ったよ。何度も読みたいから。

本は、キンドルより紙の本が好きだなあー。

 
関連記事

×ミニマリスト的、自給自足への道

ローズマリー

すべてを自給自足にはできないけれど、ミニマリストとしてシンプルな暮らしを求めているのなら、食べるものを作ってみるのはおすすめです。

畑がなくても、農業をする訳ではないのでベランダや小庭で栽培できます。

うちは飲食店をしているので、店で使うハーブは裏の通路でほとんど育てることができているんですよ。

この時期は、寒さでハーブは大きくは育ちませんが、レモングラスなどは生の葉のまま冷凍できますし、バジルも夏にたくさん採れたらオリーブオイルと一緒にミキサーにかけて冷凍保存しています。

ベランダでプランターの栽培もおすすめ。

今なら、ホームセンターでスナップエンドウなどの苗を売っています。
夏野菜の苗も、もうじき出始めますね。

いんげんやトマト、きゅうり、なす。
これらはベランダ栽培にしても、かんたんに育てることができます。

子供がいるお家では、子供たちと一緒にそだてるといいですね。


自分で作った野菜は、格別の味ですから。






シンプルな暮らしは、小さなことにひと手間かけることが大事と思っています。
ミニマリストとして、必要最小限のもので暮らすことも「ていねいな暮らし」につながってきますね。

難しく考えないで、まずはプランターと野菜の土(というのが売っています)と野菜の苗をホームセンターで買ってきて植える。

後は、水をやっていると、大きくなってきますから。


こうして、暮らしに小さな工夫を重ねることも、ミニマリスト的であり、シンプルライフへの楽しい道々ではないでしょうか。

効率だけを求めるのではなく、ひと手間をかけるこころのゆとりが、人生の豊かさをもたらしてくれそうです。


今日を、精一杯。
手をかけ、こころを配る、そんな日々を。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


「つつましく生きる」という言葉が好きです。
貧乏くさいことではなく(笑)「つつましやかな」生き方。
人生後半は、そんなことを大切にしたいなー。

関連記事