×ミニマルごはん:簡単まぜごはん

まぜごはん

「いただきます」

家族がそう言って、みんなそろってごはんを食べる。

とってもしあわせな時間ですね。

「おいしいね」
そう、言い合いながら食べる時、
そこには、しあわせな時間が流れてる。


簡単に作れる混ぜごはんの作り方を、お伝えしますね。


■ 簡単まぜごはん

鳥ミンチ
 |しょうゆ
 |砂糖
 |あればみりん又は酒
 |ショウガ

ワンタンの皮
レタス(水菜でも)

1 鳥ミンチを炒めます。
 砂糖、みりん(酒)しょうゆ
 刻んだショウガで味付け。
 甘辛い味に。少し濃いめが美味しいです。

2 ワンタンの皮を1センチに切る。
 それを、素揚げします。

3 レタスを5ミリに刻む。

白いごはんの上に、味付けしたミンチ、
揚げたワンタンの皮、刻んだレタスをのせる。

出来上がり!



混ぜながら、食べてくださいね。

お弁当にも、オッケーだと思います。

揚げたワンタンが、油分を補い、
コクのある、子供もにっこりな、まぜごはんですよ〜^^



おためしくださいませねー。


おみそ汁を添えて。

おみそ汁の具は、何が好きですか?

わたしは、わかめととうふ。
又は、タマネギとジャガイモ。



では、また明日ね。
あしたも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


明日は、2015年手帳は何を使う?を、お届けします(笑)
わたしが使ってるものをご紹介しますね。

 

×ミニマムごはん:おべんとう



久しぶりに、お弁当を作りました。

息子と娘が高校生の時には、毎日作っていたお弁当。
卒業と同時に、お弁当作りからも卒業したのでした。

今週から、娘は新しい職場。
今までの職場は食堂がありましたが、今度はお昼を食べるところがありません。

成人してるんだから、自分で作ったら良さそうなものですが(笑)


でもね、母としては思う訳ですよ。

してやれることは、してやったらいい。と。

多分、ここで親子が一緒に暮らすのも、後何年あるか。
先日、息子は結婚しましたので、今は家族3人。

娘がお嫁に行くまで、ここで私がしてやれることは、
おいしいごはんを作ったり、話しを聞いてやったりだけです。


ということで(笑)
久しぶりのお弁当をつくったのでした!

● からあげ
● キャベツのバターソテ
● 牛肉の甘辛炒め
● たまごやき

「お母さんの卵焼きが一番おいしい」

ありがとね。

おむすび食べて、新しい仕事、がんばるんよ。


おむすびは、こころを結ぶ。
母のおむすびは、子を守るのです。


今日も、ありがとう。
また、明日ね。


↓ちっともミニマムなごはんじゃなかったね。ふつー(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


おむすびの具は何が好き?
わたしは、何も入ってないのが好き。
それから、昆布と梅干し、かなー。

 

×子供の味覚を育てるには?(大人の味覚も育ちます)

紫花

絶対音感というものがありますね。

例えば、ある音楽を聞いた時に、
その曲の音を忠実に再現できる、というような。

絶対音感は、生まれつきのものも(天才)あるのですが、
ある程度訓練によって身につけることができるとも言われています。

その方法は、小さいとき(子供のとき、理想は10歳までに)
曲をドレミで歌ったり、ピアノの音が鳴ったとき音階を当てる、
というような、練習をします。

では、
味覚も、絶対味覚ってあるのかしら?


絶対味覚は、あるのだと感じています。


絶対音感と同じく、生まれつきのものもあるのですが、
味覚はそれよりも「経験」に基づいた記憶が影響していると思います。


「経験」に基づいた「記憶」


小さいとき、何を食べていたのか、ということですね。


おふくろの味、って言われるように、
子供の頃に食べたものは、その時の思い出とともに、記憶されています。


お母さんの、カレーが一番好き。
お母さんの、みそ汁が一番美味しい。
お父さんがたまに作ってくれた、ラーメンがおいしかった。
おばあちゃんの作った、おはぎがまた食べたいな。


そんな風に、思い出とともに味の記憶がよみがえること、ありませんか?


子供の頃に、食べたもので、
その人の舌の基準が決まって来ます。

だとすると。


子供の味覚は、育てることができるとおもいませんか?

子供の、味覚を育てることは、
大人のわたしたちが、してあげられることですね。

味覚を育てることは「食育」よりも、もっと原点に近いことです。


では、どうすれば味覚って育つのでしょう?
続きを読む

×老犬のシンプルごはん:てんかん発作を超えて

ゴン

うちの老犬、ゴン。

ちょっと若い時の写真ですが。


ゴンは、2年ほど前にてんかんの発作を起こしはじめました。

始めは数ヶ月に一度、という間隔でしたが、
そのうち、発作が一度起きると続けて起きるようになり、
ひどい時には、一日に5回も6回も発作を起こしていました。

そのせいでしょうか、ボケたようになってきて。


病院では、てんかんの発作を押さえる薬を勧められましたが、
一度飲み始めると、なかなかやめられないこと。
肝臓に負担がかかり、肝臓の病気も併発してしまう恐れがあること。

そうした懸念から、なかなか投薬に踏み切れなかったのです。

なので、いろんな自然療法を調べました。

サプリメント。
食事療法。
ビタミン剤。

はたまた、なんだかわからないような、水。

ネット上には、さまざまな情報があり、そのひとつふたつを試してみました。

犬用とはいえ、いや、犬用だからこそかもしれませんが、
どれも、決してお手軽に買えるものではなく、全体的にお値段高め。

それでも、治るものなら。
すこしでも、良くなるなら。

そんなキモチで、サプリメントを取り寄せて、食べさせたりもしていました。


結局、発作は収まらず、
何より、てんかん発作は、脳に負担がかかります。
ゴン自身も辛いだろうけど、見ている私たちもツライ。


ゴンイブ


病院で相談しながら、投薬をすることにしました。


脳に障害があるかもしれない。
ということで、脳圧を下げる薬と、ステロイドを処方してもらいました。

ステロイドは、投薬も難しいけど、離薬も難しい薬です。

担当のお医者さまの支持にきちんと従って、投薬を始めたところ......


それ以来、一度も発作が起こっていません。

もっと早くに、お薬を飲ませれば良かった。
素人考えで、自然療法に頼らない方が、ゴンにとっては良かったかも。

そんな後悔もありますが、今では発作もなく、穏やかな日々を過ごせています。


自然療法や、お薬を調べている時に、
やはり、犬たちにも手作りごはんがいいのではないか?
そんなキモチから、手作りごはんを食べさせています。


色々調べて。
いちばん簡単に、私たちが負担なくできる方法で。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<犬のシンプル手作りごはん>

犬用にごはんを炊きます。

●サツマイモを適量親指の先くらいの大きさに切り、塩味をつけてごはんを炊飯器で炊きます。
●大型犬なので、朝晩2回に分けてのごはんタイム。
●朝は、さつまいもごはんに、とうふを入れて。
●夜ごはんは、キャベツと鶏胸肉、にんじんを細かくしてスープに炊いたものを、さつまいもごはんに混ぜて。


スープは、2日分くらいまとめてストックできます。
サツマイモごはんは、まとめて炊いて、冷凍ストックもできますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






手間は、少しです。

市販の無添加自然食系のドックフードを食べさせていましたが、
手作りごはんにしてからの方が、いい感じです。

市販のドライドックフードは、酸化しやすいので(含まれている油脂の酸化)
できるだけ製造年月日の新しいものがいいと思います。

手作りごはんだと、そんな心配をしなくていいですね。


人も、美味しいものを食べたい。
安心なものを食べたい。


一緒に暮らしている犬たちだって、同じだと思うのです。


イブ


黒ラブ、ゴン。13歳
ゴールデン、イヴ。12歳。


もう少し、一緒にいようね。
もう少し、長生きしてね。

あと何年、一緒にいられるかな。



犬たちにも、ここのお野菜です。
おいしっくす や →大地を守る会


犬は、小さな身体です。
小さいからこそ、食べるものには注意してやりたい。

元気で、長生きして欲しいですものね。


何だか、いつもと違う犬の話しになってしまった(笑)
犬(ネコも)かわいいよね。


では、またね。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


↓ランキングに参加中です。クリックで応援よろしくお願いします〜^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ありがとね。

   

×ミニマルごはん:小松菜

小松菜煮

レストランをしていると、よく聞かれることがあります。

「普段は何を食べてるの?」って。


普段ですか?
そうですねー。


普通(笑)

いたって、普通。


みなさんのごはんより、シンプルだと思いますよ。
仕事が終わって、さっと食べられるものが多いです。


ミニマリストたるもの、ごはんだってミニマムですよ^^


.....質素、とも言う(笑)


さて。
今日は、そんなミニマムなごはんから、小松菜を使った一皿のレシピをご紹介しますね。


煮浸しは、よく作るけど、ちょっと変化球の煮浸しですよ。

ボスは和風の食事をあまり好まないので、洋風な食事が多いです。
和風を好まない理由は、農家育ちで山ほどの煮物とかで育ったから。

もう、飽きたのですって(笑)


では、レシピを!

...と、レシピの前に、ランキングクリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

続きを読む

×[シンプルレシピ]夏のさっぱりお漬け物

キュウリのきゅうちゃん

連休中日ですね。日曜日。
お家がレストランなので、今日も仕事しますよ。

暑いけどね。
がんばるよ(にっこり)


畑でキュウリがたくさんできはじめました。

サラダに入れたり、もろきゅうにしてお味噌を付けて食べたり。
キュウリの酢の物を作ったり。

すし飯に、塩でもんでギューッと水分をしぼったキュウリを混ぜる「キュウリのお寿司」もさっぱりしておいしいですよ。


今日は、簡単にできる、お漬け物。
又の名を「きゅうりのQちゃん」(商品名だー笑)

簡単にできますので、お試しくださいね。


<きゅうりの簡単お漬け物>


きゅうり 1キロ
ショウガ 1片

〜 漬け汁 〜

ショウガを針ショウガ(細く細く切る)に切ったもの
しょうゆ 200〜300cc
本みりん、酢 各50cc
砂糖 大さじ3


きゅうりは7ミリ厚さに輪切り、
沸騰した湯に1分。

漬け汁を沸かして、冷まし、
湯通ししたきゅうりを入れ、混ぜる。

よくよく、冷やして召し上がれ。




きゅうり1キロ.....って(笑)

きゅうり3本くらいが作りやすいかも。
でも、作り置きできるので、たっぷり作るのもいいですね。

きゅうりの量を減らしたら、漬け汁も少なくして。
しょうゆ100に、本みりんと酢を30ずつ。
砂糖を大さじ2(多めがおいしい)位で作ってみてください。

しょうがはたっぷりで大丈夫です。
(しょうが大好き)



ごはんにも、お茶漬けにも、ビールにも!
よく合いますよ。

ちゃんと食べて、今日も元気に、ね^^



LOVE : )



↓今日も、ありがとう。ポチッと応援よろしくお願いします^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ



 

×週末のごちそうシンプルサラダ

サラダ

週末。
連休。

......私は、休みなし。ですよ。


野菜をたっぷり食べたい時。
お友達が、遊びにくる時。

みんなで、ごはん。


ちょっと、ごちそうサラダは、いかがかしら?


野菜たち。

赤いトマト。
黄色いトマト
緑のトマト(未熟トマト、まだ熟れる前のトマト、おいしいよ)
葉っぱ。
ハーブ。
ハーブや野菜のお花。

お魚(何でもいい)焼いて。
又は、お刺身用の切り身(あぶるとおいしい)

野菜たちは、食べやすく切って。

塩こしょう。
オリーブオイル。

盛りつけて、ハーブを散らす。

シンプルに、シンプルに、食べますよ。

サラダの、コツ!は.....



↓サラダ大好きって食べたくなったら、ポチッとお願いします〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
続きを読む

×夏のさっぱり洋風麺

温そうめん

セミの鳴き声が聞こえてきますね。
夏休みも近い、ですか?

今日は、すぐに出来てちょっと変わった洋風麺ですよん。

--------------------------------------------------------------------------------------

洋風にゅうめん

A そうめん、ひとり一束見当で茹でる(かために)

B スープを作る
 1 野菜(タマネギ、にんじん、ジャガイモなど好きなものを)刻む。
 2 水に切った野菜を入れ、ひとつまみの塩を入れ、火にかける。
 3 野菜が柔らかくなったら、塩とコショウで味を整える。
 4 一口大にちぎった、生ハムを入れ、ひと沸きしたら、火を止める。

C 器に、茹でたそうめんを入れ、スープを注ぐ

D あさつき(細いネギ)を散らす

冷たくしたスープでも、おいしいですよ〜



-------------------------------------------------------------------------------------------

夏の食事のポイントは?

 
 
続きを読む

×身体と水と記憶



「人間とは、水である」

著者の江本勝さんは、本の中に書いておられます。

賛否両論のこの本が主張している事は、ここでは追求しませんけど、人は水で出来ている。というのは、確かに、とうなずけますね。

わき水を飲んだときの、あの身体にしみ込む感じ。
のどがカラカラの時に飲む、一杯の水。

ごはんを食べないでもしばらくは生きてゆけるけれど、水を飲まないと生きては行けない。

そんな、大切な水。

水道水がとても苦手です。

なぜなら....



続きを読む

×野菜のちから

kyabetu.jpg

更年期世代になってくると、昔のようには食欲旺盛ってことはなくなってきますね。

だんだんと、脂っこいものも食べられなくなってきて。
昔は(と、言うと年寄りみたいですが。笑)焼き肉なんて大好きでしたけど。
今も、たまに「お肉っ!」という日はありますが、そうそう毎日は...。

おいしいな、と思うものは、やはり「野菜」ですね〜。

どんな風に食べる?
続きを読む

×シンプルごはん

家族の食事を作るって、大変ですよね。

毎日、何を作ろうかなーとメニューを決めるのも一苦労。
主菜、副菜、汁物、ごはん。

日本の食卓って、とてもにぎやかですね。

でも、そんなにおかずって必要なのかしら?
と、ある時、思った訳です。

結局、家族は自分の好きなものしか食べないし、あまり好みじゃないと残ってしまうし。

さて。
どうしたら、いいかしら?


整体に、行っているんです。
毎月、一度身体を整えてもらうのです。

そこで、整体の先生に言われたことがあります。


「健康は、小食から。現代人はみんな食べ過ぎ」


.........耳が痛い(笑



それを教えて頂いてから、我が家では、おかずが少しになりました。

おかずの考え方は、こうです。



「一杯のごはんがおいしく頂ける分量のおかず」


分かるかしら〜

ごはんを一膳食べられるだけの、おかず。


そうすると、おかず一品。になりました。

汁ものも、具沢山にした時には、それがおかずという位置づけです。


究極的にはね。


塗りの三つ組み碗。

大きくて浅い碗に、おかず。
中くらいの碗に、ごはん。
小さな碗に、少しだけお汁。


そんな、食卓になってみたいです。


ごはんとお汁


禅寺のお食事みたいですね(笑


でも、禅寺のライフスタイルは、究極にシンプルです。
ライフスタイルもシンプルなら、行動もシンプルで、思考もシンプル。


そぎ落とされると、研ぎすまされる。


あこがれますよ^^