×ミニマルなこころ:「いのちのエール」(田口ランディ)〜ことばをこえて



本の紹介をしますね。

● いのちのエール - 初女おかあさんから娘たちへ


帯よりーーー

森のイスキア 佐藤初女さんと出会って
田口ランディさんが体験した
「気づき」と「変化」
15年の交流を経て明かされる 魂の軌跡

ーーー


17年くらい前、佐藤初女さんのことを知りました。
知人が地元で「おむすびの初女さん」の講演会を主催したのです。

わたしは、直接講演会には行けなかったのですが、
初女さんのことは、聞いたり本を読んで初女さんの思いに触れたりするうち、
わたしの中では憧れ、というより目指す女性像になりました。


でも、日々をあんな風に丁寧に過ごすまでには程遠く。
行きつ戻りつ、でもあるのですね。

この「いのちのエール - 初女おかあさんから娘たちへ」には、ランディさんの心の変化が細かく正直に語られています。

そして、何がいちばん大切なのかも。
祈りとは、何なのかも。


暮らしは大切です。
モノを減らして、身軽になって、スッキリすることが必要なこともある。
好きなものを買って、暮らしを彩ることが必要な時もある。

自分を大切にするために、自分の意見や望みを通すことも必要。

そして。

自分なんか忘れてしまって、人のために動いていることも、必要なのです。


「誰かのために」と思ってやっていることは、もしかしたら「自分のエゴ」から来ているものかもしれない。
でも、我を忘れて誰かのために動いている時には、「じぶん」はいないのです。
そういう経験は、望んでやってきたのではなく、自然に出来事が起きてくるのですね。


苦労はみんなやりたくないし、努力だって難しい(笑)

でもね、やってくる出来事に正面から逃げずにグチを言わず取り組んでいる時、
それは「祈り」に近いのではないかと感じています。


昨日の日曜日、義父の一周忌の法要を無事にすませました。
もう、1年経ったのですね。
愛犬ゴンの旅立ちからも、もうじき1年。

望んでも、願っても叶わないこともある。

引き寄せの法則を正しく使ったとしてもね(笑)


必要なことは、起きてくる。
ちょうどいいタイミングで、超えられる分だけ。


今は、そう、感じています。


いのちのエール - 初女おかあさんから娘たちへ
立ち止まって、こころをミニマルにするのには、良いかもしれませんね。


モノを捨てよう、モノをもっと少なくしようという気持ちも、
モノを捨てられなくて、ためこんでしまう気持ちも、
「依存」という意味においては、同じこととおもいます。



今できることを精一杯


与えられた、この環境で、できることはたくさんありますね。



ランディさんのように、なかなか上手くはいかないのですけどね(笑)

こころを、どこに向けておくか?
それを、大切にしたいです。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )




↓ステキな方が、たくさんいらっしゃいます^^
ピンと来たもの、クリックしてくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


「自分をキレイに保っておく」というのは、周りの人を明るくしますね。
そういう意味では、お肌のお手入れもファッションも、行き過ぎない塩梅がつかめます。


↓こちらも、どうぞ〜
<ミニマルライフにお役立ちアイテム>
● シンプルスキンケア→ミニマルライフのシンプルスキンケア:スキンケアに満足していますか?
● シンプルヘアケア→髪にもアンチエイジング:ツヤ・コシ・抜け毛・白髪を改善して美髪に導くヘアケア
● 更年期のサプリなら、まずこれ→40過ぎたら更年期?早期更年期は基礎体調を整えることから

×ミニマル美人:シンプルな装いで美しく見える




タイトルは働く女性向けと思われがちな、この本。

しかし!
年齢を重ねた女性がステキになるヒントがたくさん書かれています。

内容については追々説明するとして。
今日は、この本をおすすめして閉めたいと思います(手抜き?笑)


「普通」とは何か?

簡単なようで難しい「普通」ということを、
洋服の選び方から考え方まで鋭い視点です。
ミニマルにも通じる考え方ですね。


働いている女性はもちろん、お家にいる女性にも「シンプルな装い」の参考になるでしょう。


女性がセンスを養っていくと、自ずとパートナーである男性もセンスが良くなってきます。


このことは、とても大切だと感じているのですが、いかがでしょうか?


ホントに、おすすめの本です。
ぜひ!





それでは、またね。
きょうも、にっこりと。
LOVE : )



↓ステキな方が、たくさんいらっしゃいます^^
ピンと来たもの、クリックしてくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ




パートナーが今よりもっとステキになるにはどうしたら良いのかを、最近考えています。
男を上げるのも下げるのも、ある意味女の力が大きいような…

とにかく、パートナーが「ダサイ!」なんて、文句を言う前に、
中年以降になっても、なおかつステキな男性にしてあげたいですね。


加齢臭なんて、論外ですよ。
さりげなく、石けんを変えたりしましたけど、わたし(笑)
夫は気に入って使ってます。

 ●コレ!→ 柿渋エチケットソーププレミアム


そして、下着もいい感じのものを買ってあげてくださいね。
下着が良いものだと、見えないところにこだわっている感を感じて、男の自信に繋がります。

3枚1000円とかではなく、シンプルでカッコいいものを買います。

下着はカルバンクラインのトランクスを愛用。
3枚で5000円から6000円くらい。

ちょっと高めですが、生地も気持ち良く、縫製もデザインもステキです。

カルバンクラインは、ボクサータイプの下着を最初に出したブランドです。
ボクサータイプも、トランクスタイプもそろっています。


こういったところに気をつけてあげられる女性は、ステキだと思っているのですが(自己満足かも〜笑)

でも、ホントよ!





↓こちらも、どうぞ〜
<ミニマルライフにお役立ちアイテム>
● シンプルスキンケア→ミニマルライフのシンプルスキンケア:スキンケアに満足していますか?
● シンプルヘアケア→髪にもアンチエイジング:ツヤ・コシ・抜け毛・白髪を改善して美髪に導くヘアケア
● 更年期のサプリなら、まずこれ→40過ぎたら更年期?早期更年期は基礎体調を整えることから

×ミニマルライフの本棚:「正直」松浦弥太郎



『「今に見てろ」と心の中でつぶやきながら、夢と希望で胸をいっぱいにして、決してあきらめずに必死になってもがいている、僕と同じような人はたくさんいるだろう。そんな人にこの本を捧げたい。』

ーーー「正直」松浦弥太郎 p195 おわりに〜より


「今に見てろ」松浦弥太郎さんらしくない(でも、わたしは「らしい」と思った)言葉。

わたしにとって「今に見てろ」という言葉は、

「なにくそ、負けるもんか」

という言葉が、あてはまります。


我が家では、それを、


なにくそ根性


と呼んでいます(笑)



松浦弥太郎さんの新刊、「正直」を読みました。


今回の号をもって暮しの手帖をおやめになり、何と!クックパットに入ったというではありませんか。

びっくり。そして、最高!と感じました。


49歳、残された人生を思い、大きく舵を変更した「生き方」の姿勢は、同年代のわたしにとっても刺激になります。


シンプルに。ていねいに。

親切正直笑顔。


ミニマルライフをおくる上で(ミニマリストにも)
当たり前のことを、再度、考えてみる機会になる本ですね。


読了して、今。


わたしにも、何かできるかな?
何か変化を起こせるかな?

なんて、希望のようなものが芽生えてきました。


ひとつのことをコツコツやりながら(わたしにとってのそれは仕事ですが)
その中で、変化と進化をしたい。


何度か読み返しながら「わたしにとって」の「正直」を考えてみたいです。



一緒に、いかが?(笑)






では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


今日は、晴れそうです。
まだ、寒いけどね。

きょうもがんばろう〜^^
 

×ミニマリストな男の魅力




ミニマリストな男、と言えば、
わたしの中では、この方がダントツトップです。

ミニマリスト、そして、シンプルライフな男性。

モノを持たないことのみ、ミニマリストと言うなら、
ちょっと違うのですが、

モノを選ぶ眼、選んだものを愛でる暮らし。
そして、自律している暮らし方、仕事の在り方。

松浦弥太郎さん。

暮しの手帖の編集長で、カウブックス(古書店)のオーナーでもあります。

松浦弥太郎さんの文章が大好きです。
静かに、語りかけるような文章。
誠実であたたかな言葉の使い方。

忙しく騒がしく派手な表現が多い、今の世界に置いて、
静かにそっと差し出すような文章を書き続けています。

今月のブルータスは松浦弥太郎さんの選ぶ
「男の一流品」特集でした。


男は、遊び心がある方がいいと思っています。

ただ単に、モノを少なくすることより、
良いものを選ぶ眼と、無駄なものを愛する子供のような心。

そんなところが、男の魅力に繋がってくるのではないかな、と思います。


誠実、親切、笑顔。
松浦弥太郎さんが、大切にしていることです。

毎日を丁寧に生きる。
仕事では、成果を出す。

相手のことを思いやる暮らしや仕事の姿勢は、


当たり前を大事にする


そういう事なのだと思います。


ミニマリストも、当たり前のことを大切にし、
日々を清々と生きてゆきたいと、思っています。



蛇足.....
続きを読む

×振り返り20%、計画80%で上手くいく

車窓雨

只今、台風中。
ムスメは、仕事に行ったけど(百貨店勤務)大丈夫かしら?

今日は、日曜日。
一週間の振り返りと、来週の計画を立てようと思っています。

一週間の振り返り、してますか?

基本、ナマケモノだから、だらだら生きて行きたいわけですが(笑)
やはり、やりたいことがある場合は、
振り返ったり、おおまかでも計画を立てたりするのは大事かな、と。

振り返りと、計画を立てる上で、ミニマリストのシンプルライフに、
助けになる考え方を、今日はお伝えしたいと思います。


この考え方の参考になるは.....
続きを読む

×ミニマリストのシンプルライフな、5冊の料理本

桑の実ジャム

6月。
山へ行って、桑の実を採ってきます。
それを、ジャムに炊いて。

ヨーグルトに入れて食べるのがお気に入り。


さて。昨日は「ミニマリズムのシンプルライフな、5冊の本」ということで、
ミニマムな生き方の助けになるような本を、ご紹介しましたが、


ここでは、シンプルでいて個性的。
料理が生き方につながるような、料理本をご紹介したいと思います。


本好き(笑)
とくに、エッセイや料理本が好きです。

素敵だな、と思う人が、
日々、何を思い、何をして、何を食べているかを観察してみると、
そこからは、その人の生き方が透けて見えてきます。


料理が生き方につながる。
「食べる」と「生きる」は同上線上にあるものだと、感じています。


料理本は、使うというより眺めるのが好きです。
写真、レイアウト、紙の質、雰囲気のトーン。
それらが、わたしの求める料理本です。


さて、さて、どんな料理本かな?(笑)


↓お料理好きの方は、ここにも多くいらっしゃいますよ〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


ミニマリストのシンプルな、5冊の料理本....
続きを読む

×ミニマリストのシンプルライフな、5冊のおすすめ本

かじりかけパン

ディナー営業が終わり、片付け。
ストッキングを脱いで、リフットというダイエットサンダル
(ダイエットというよりストレッチができる)を履いて。

クルクルと片付けが終わると、ごはんを食べる。

そんなこんなで、今(笑)


今日は、ミニマリストのシンプルライフに参考になる本を、ご紹介しようと思います。

断捨離本?
いいえ、断捨離本はみんな持ってる(?)から、
断捨離でもなく、片付けでもなく。
あえて、違う角度からご紹介しますね。

私が読んで、良かった本。
参考になった本。

そして、生き方が何となくミニマムなエッセイ本。

本、好きなんですよ。
本の虫(笑)
活字中毒。

子供の頃から、本を読むことと、文章を書くことが何より好きでした。


さーて、どんな本があるでしょうか〜


↓ここにも、ミニマムな人がたくさんいますよ^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


続きはクリック↓
続きを読む

×ミニマリストの家計管理

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s.jpg

暮らしのあれこれで、苦手なことはありますか?

掃除?洗濯?料理?
それとも、整理整頓?


わたしは、これが最も苦手です。


家計簿をつける


だから、家計簿をつけなくていいように、
週の予算を決めたりして、なるべくシンプルにする努力をしてきました。

ただ、どんぶり勘定に近いものがあり、ほめられたことではないあ。って思っています。


ミニマリストを目指すのなら、家計だってシンプルにしておきたいですね。
シンプルな家計は、お金の心配を減らしてくれます。


試行錯誤していたのですが、今回とても参考になる本をみつけたので、ご紹介しますね。


私は、この本を使って、一から家計をよりシンプルにしていきたいと思っています。



その本とは......






著者の、林 總(はやしあつむ)さんは、
「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? (PHP文庫)」という本も書かれていて、
公認会計士、税理士さんでもあります。


この本の中で、

どうして家計管理が大切か?
どのような順番で、家計簿ではない家計管理をしていくのか?
仕分けの新しい考え方。
自然に貯まってしまう家計管理になるためには。

などなど。


自分の叶えたい夢や、本当に欲しくて買いたいもの。
そして、家族が大事にしているものに、お金を心置きなく使いましょう。


ミニマリストは、少ないもので、自分を十分に豊かに生きるという生き方です。


この本が提唱していることも、同じと思いました。



これから、この本を使って、少しずつ解説と実践をやっていきたいと思います。


一緒に、いかがですか?
一緒に、やってみませんか?


8月は、家計管理をテーマに一ヶ月を過ごそうと思います。




正しい家計管理



じゃ、またね。
明日も、にっこりと。

LOVE : )


↓ランキングがんばってます。クリックで、応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


ありがとねー。