×ミニマリストでも物欲はあるのだ



ミニマリストでも、物欲はあるのだ!というお話し(笑)

ミニマルライフ断捨離ライフをしていると、ともすれば「捨てる」ことに夢中になりますね。
捨ててスッキリしてくると、ますます捨てることに快感をおぼえたり…


でもね、「生きる力」ってどこから来るのかな?と考えたとき、

欲する・欲しい

という、気持ちも力になりそうです。


こんな風になりたい、とか、アレが欲しい!

とかね。



欲しいものをアレコレ考えたり、見て回ったり、調べたりしている時間って、とてもしあわせです。


今週は、こんな本を読みながら、物欲全開にしてみましょうか(笑)


ステキなものを「欲しい」と思う気持ち。
良いものを「選べる」選択の眼を持つこと。


どちらも元気のパワーになるかもしれませんね。



どんな本で、物欲刺激する?


こんな本↓



コンビニで立ち読みしたら(笑)
素敵なものがいっぱいでした。

欲しいなー、欲しいなー^^


では、またね。
あなたの欲しいものはなんですか?

今週も、にっこりと。

LOVE : )


↓ステキな方が、たくさんいらっしゃいます^^
ピンと来たもの、クリックしてくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


欲しいものをアレコレ考えても、ほんとうに手に入れるものは少ないなあ。
欲しいと思っても、買わないことの方が多いです。

でもねー。

買うまでのアレコレ悩む時間って、とても楽しいね!
楽しいし、ワクワクするし、元気になるよ。

トートバックも欲しいんだけど、良いものが見つからない〜

 

×ミニマリストの捨てたり買ったり:下着の数は今?



ミニマリストミニマルライフ:捨てたり買ったり」編

今週買ったものと、捨てたものを振り返ってみました。

買ったものは、

日用品では、
食材、洗剤、コーヒーフィルターなどの日常の消耗品。

プラスアルファで、写真の中国茶。
これは、店で使ってみたいものですし、もちろん自分でも飲みたい(笑)

岩茶という、中国の武夷山(岩山)に自生している茶葉から作られたウーロン茶。
香りが良くて、それぞれに効用があるみたいです。

とっても美味しい〜


買うものは、消耗品が主です。
洋服や、靴や、雑貨はほとんど買いません。


でね。
捨てたものです。

・本
 これはブックオフで売ってきました。

・服
 数年袖を通していない服をまとめました。

服を捨てる時に「売れるかな?」なんて思っていると、
どこで売る?
梱包して、手配して…
などと、考えることが多くなってしまい、実行に移すまでに時間がかかります。

なので、捨てる時には、もう捨てちゃえ(笑)

という考えで、いらないものをまとめています。


そして、くたびれてきた下着

わたしと夫の下着を2枚づつ捨てました。


いつもの数は、3〜4枚(パンツ、パンティの数)
毎日洗濯しますので、2枚が基本で、余分に(旅行に行く時とか)1枚から2枚用意しています。

その中の2枚を捨てたので、

下着の数は 2枚 になりました。
この2枚は、ほぼ新しいものなので、気持ちいいです。


予備を買う予定ですが、その買うタイミングは、
今度旅行に出かける前です。


特別に良いものを買う必要はないと思っていますので、ユニクロかな?
ユニクロの下着、なかなか優秀ですよ。

コットンのモノならオッケー。


女は、見えない所の下着で女を上げる、とかいう商業主義の考えはこの際無視しまして(笑)

コットンで、通気性とはき心地のよいものを買いたいと思っています。

その意味でも、ユニクロは優秀ね。


古びたものは、運気を下げます。
下着は、時々買い替えて、新しいものを身につけたいですね。

ハートナーの男性にも新しい下着をつけてもらうと、仕事にも影響します(ホントです)


ということで。
今日は、ミニマリストの下着の数、でした!


では、またね。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


↓ステキな方が、たくさんいらっしゃいます^^
ピンと来たもの、クリックしてくださいね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


小さな商売をしていると、どれだけ他と差別化するか?というのが大切になってくるの。
「人と同じことはしない」ことを意識しています。

暮らしも同じで「みんながやっているから」という基準ではモノを選ばないかもしれないなーなんて、思ってしまった。

自分の感覚を信じましょ〜^^
  

×お家をパワースポットにする、7つのステップ



全国各地にパワースポットは数々あれど。
どこかに行ってパワーをもらわなくてはいけないなんて、何だかなーと思うのです。

そこで、今日は、あなたのお家をパワースポットにする方法をお伝えしたいと思います。

自分のいつもいる所。
自分のお家がパワースポットなら、仕事から帰ってきても、休日も、居ながらにしてパワーが充電されますよ。


■ お家をパワースポットにする方法

1 風を通す

お部屋の窓、ドア、玄関のドア。
ありとあらゆる、窓と戸を開け放ちます。

家全体に風が通ってきます。


2 ひかりを通す

窓を開けたら、太陽のひかりが部屋の中に入ってきますね。
なので、窓を開けるのは、太陽のひかりが入る時間帯にしてくださいね。


3 ほこりを取る

特に、部屋のすみっこにたまっているホコリを取ります。
できたら、家具の裏なんかもチェックしたいところ。


4 塩を少し入れた湯で、拭きそうじ

塩はケガレを払います。
塩を少し入れたお湯で、ぞうきんを濡らして拭き掃除することで、ホコリと一緒に淀んだ氣もぬぐい去ります。


5 布団を干す

寝ている時に、人は運を蓄えています。
布団は太陽の下に当てて、ふっくらとさせておきます。

ただ。花粉症の方は、今に時期お外にお布団を干せませんね。
そんな時には、部屋の中でいいので、布団を上げて、湿気を取っておきましょう。


6 水回りをピカピカに

水栓金具などの光っているものは、光るように磨きます。
輝くひかりが、いい氣を呼び寄せますから。


7 部屋の隅で、柏手を打つ

部屋の隅は、人が通らない所。
動きのない所は淀みがちです。

キレイになった部屋の隅(角のところ)で、パンパンと神社で柏手を打つように、手をたたきます。
大きくきれいな音が出ると、さらにいいですね。



いかがでしょうか。

もちろん、家の中に不要なものが少なくなっていることが前提ですが。
まだまだ片付いていなくても、とりあえず目につく所だけ片付けたりモノを捨てたりして、上記のことをやってみてください。


きっと、すぐに、気持ちのよさが分かると思います。


部屋や、家は。
わたしは、神社と同じと思っています。

すーっとした、気持ちのいい空間。
ザワザワを感じない、静けさのある空間。


そうなると、お家がパワースポットになっています。


いいエネルギーが入ってきて。
そうではないエネルギーからは、守られています。

その中で、自分を見つめ、ブレても戻る場所にしておきたいですね。
こころが静まると、地に足の着いた行動ができるようになります。

直感も、優れてきますしね!


時々、やってみてくださいね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


使っていないお部屋も、時々窓を開けるようにしています。
風を通すだけで、気持ちいいですね〜。

息子が使っていたお部屋も、時々お掃除しなくては(笑)

×ミニマリストの掃除アイテム



もう20年以上使っている、金物屋さんで買ったちりとり。
同じく、10年以上使ったほうきは、すり減ってチビチビになったので、買い替えました。

こだわりはなく、普通のホームセンターでお安かったですよ(笑)

ほうきと、ちりとり

このシンプルなそうじ道具がすごく好きです。
どこでも、掃ける。
じゅうたん以外は、どこでも掃くことができます。

大きいゴミや外回りの葉っぱ。
小さなゴミや、砂ぼこり。

ほこりも、工夫したらきれいになりますし、
サッと出して、さっとキレイになるので、重宝しています。

というか。

もう、おそうじは、

ほうき・ちりとり・ぞうきん

この3点セットでいいのではないかと思うくらいです。


家の中では、このほうきに古くなったストッキングをかぶせますと、細かいホコリなども取れて便利です。

後は、ぞうきんで水拭き。
拭きそうじは、基本、洗剤は使いません。
水で十分です。

油汚れのある調理場は、洗剤を使うこともありますが、それでも日々の掃除は、水拭きが基本。

犬を飼っているので、毛が落ちますし、
2階はじゅうたんを敷いているので、そこだけは掃除機をかけます。

高性能の掃除機も必要ないのでは?
簡単な作りの掃除機で良さそうです。


春は、ホコリっぽいですね。
だから、じゅうたんも、ざっと掃除機をかけてから、
時々ぞうきんで拭きます。


じゅうたんのぞうきんがけは、

・毛並みに逆らって、拭く
・毛並みに沿って、拭く

この順番。

熱めのお湯でぞうきんを濡らして、固くしぼり、拭いていきます。


さっぱりしますよ。
汚れも取れますし、匂いも取れます。


この時には、お湯にアロマオイルをたらすのもおすすめです。
ミントやユーカリー、オレンジなどがいい感じ。
(無印のアロマオイルで十分です。いいものでなくてオッケー!)


エコは意識していませんが(笑)1日に何度もおそうじするので、手軽さが一番ですね。


ほうき・ちりとり・ぞうきん

愛用の、掃除アイテムでした。


掃除機は、新しいのを探してます。
コンパクトで、さっと取り出せて、そこそこの馬力のもの。
夏までには、買えるかなあ。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )



↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


夜明けが早くなったので、早起きができるようになりました。
朝の空は、きれいだね。
毎日色んなことがあるけれど、空を見上げると、こころがホッとします^^

あなたの空は、どんな色?
 

×断ることが苦手な人へ:ミニマルコミュニケーションで「NO」と言う



ミニマリストになりたくて、でもなりきれなくて。
と、ジレンマを抱えてしまうことってありますね。

その原因は、物理的に「モノが多い」ということもありますが、メンタル的に抱え込んでしまうことが多いことも、ひとつの原因だと感じています。

何かを頼まれたり、誘われたりした時に、なかなか断りきれなくて引き受けてしまってから「あーあ」と後悔してしまう(笑)

必要のないことや、面倒なことを引き受けなくてはならない時もあるとは思うのですが、必要以上に責任感を感じなくてもいいんじゃないかしら。


断りたくても、つい、引き受けてしまう方に、シンプルなひとつの方法を練習してみては?という提案です。


ミニマルコミュニケーション。

人とのつながりは大切にします。
自分の損得だけで、人を判断しません。

ただ。

コミュニケーションも「自分の軸」を持ち、複雑になりがちなものをシンプルにして行きます。

相手に対して「こうして欲しい」と期待するより、自分のコミュニケーションをシンプルな対応にして行く方が近道ですね。


■ 返事をする前に、ワンクッション置く


これを、練習してみてください。


「今夜飲み会だけど、行く?」
「行く行く!」

「これ、やっといてくれる?」
「はい」

「これ、お願い」
「いいよー」

ありがちですね(笑)

誘われたり、頼まれごとをされたりすると、反射的に「イエス」と言ってしまうことを止めるといいと思うのです。


「今夜飲み会だけど、行く?」
「そうね。ちょっと考えてみるね。後で返事するのでいい?」

「これ、やっといてくれる?」
「はい。少しお時間くださいね。予定を組んでみます」

「これ、お願い」
「できるかどうか分からないから、調整してみます」

と、こんな風に、すぐに返事せず、後から返事するようにするだけで、時間を稼ぎ(笑)ゆっくりと自分がやりたいかどうか、又は、できるかどうかを考えることができます。


反射的に「イエス」と言うから、後悔するのであって、考える時間を間に挟む、ということです。


これだけのことなのですが、練習しないと、なかなか難しい(笑)



わたしも、練習しました。
今、娘がこのメソッド(?!)を、練習しています。


職場でも使えますし、友人関係でも、恋愛関係でも使えます。


練習してみてくださいね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


今朝は、雨です。
雨の日は、余計にしずかな田舎の我が家(笑)

×人に振り回されない自分をつくる方法:「選ぶ」ことは「捨てる」こと



100人いたら、100通りの意見があります。

あの人はこう言うけど、この人はこう言った。
人がたくさんになれば、考えもたくさんです。


友達は多い方がいいですか?
少ないとさびしいですか?

ひとりでいるとつまらないですか?
仲間とワイワイした方が充実していますか?


■ 他人の意見というのは、その人の経験や人生に置いて導き出した答えであり、参考にはなるけれど自分の人生ではない


このことを、しっかりと頭に入れておかなければ、人の意見に振り回されてしまうと感じています。


素敵な人は、たくさんいます。
憧れの人も、いるでしょう。

ただ。

それは、その人のコンテクスト(文脈・背景)に置いて、機能するものです。


自分に応用するなら、自分なりのコンテクストで解釈して工夫しなくてはならないですね。


あなたの人生は、あなたのもの。
他の人の人生は、その人のもの。



そのことが腑に落ちると、「捨てる」ことが簡単になります。


人とのつながりを、「合わないから」という理由で切ることは、わたしにはありません。
「人を選ぶのだ」と偉い人が言ったとしても、わたしはそうはしない。


一期一会。
出会うべくして、この世で出会った。
運命というのは大げさだけれど、ご縁での出会いだと思うからです。

出会った人は、大切に思うし、大切にしたいです。

ただ。
その人の意見に振り回されたり、言いなりになったりするのは違いますね。きっと。


影響力の大きい人は確かにいます。
エネルギーの強い人は、巻き込む力も大きいですから。


余分なモノを捨て。
少なくなったものから「選ぶ」。

少なく「選ぶ」。
そして、その他は「捨てる」。

より少なく。より良いものを。


それは、「静かな力」となり、深いエネルギーになります。

派手な外向きのエネルギーではなく、自分を活かす内向きのエネルギーに。




大切なものは、ほんの少し。
大切にしたいことだって、ほんの少し。


たくさんのことを同時に同じだけ大切にすることは難しいですから。


大切なことを「選ぶ」というのは、
その他を「捨てる」ということなのではないでしょうか?


捨てて、見えてくるものもある。
逆に、ひとつだけ(もしくは極少数)選ぶと、その他を捨てられる。


そんな風にして、モノを少なく。
そして。人生もよりシンプルにしていきたいですね。


ミニマルライフとは、
「より少なく、より良く」を求める生き方なのだと感じています。


春から、自店の在り方を変えて行きます。
時間はかかりましたが、やっと答えが出そうです。

産みの苦しみ(笑)

そう。
「捨てる」も「選ぶ」も、とても時間のかかる厳しい作業です。

それをいとわないでコツコツやって行くと、自然に自分の人生を自分の足で歩けるようになります。


そして。
その続きがわたしをしあわせにし、周りをしあわせにすることにつながりますね。


ミニマリストは、アタマの中もミニマルです。


人生を、ミニマルに(笑)



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


霧の濃い朝でした。

霧の中、車を運転してると目の前の少しの範囲しか見えない。
だから、とっても集中して運転していました。

うーん。
集中力って、目の前のことを注意深く見ることなのねー。

なんて、教訓を得たりして(笑)

幻想的な朝も、いいものです。
 

×ときめき買い!?ズボラなあなたの家計管理




ミニマリスト的お金の管理はシンプルがいいですね。
ミニマルライフで、小さく豊かな暮らしをして行く上でも、お金の管理はシンプルにしておきたいです。

昨日、本を読みました。
まあ、昨日だけでなく、たいていは毎日本を読んでますが。

本の虫(笑)


家計簿を付けないで、レシートにマルとバツをつけるというもの。
そして、正しいお金の「使い方」を身につけて行こう。という本でしたよ。

家計簿は「正しい家計管理」という本で、工夫しながら実践している訳ですが、面倒くさがりの私には「家計簿」をつける、ということがホントに苦手。


↑これは、とっても良かった。

ある程度、お金の流れは分かるようになりましたが、あと一歩!という感じです。


お金の管理の意味での家計簿というより、
「お金の使い方」で人生が変わる!方向の内容。


ここでは、

ときめき買い

と、名付けていました。


ときめき!(笑)


あまりモノを買わないから、全部「ときめき」になりそうで怖いですが(笑)


今までの家計の本とは少し違った面からのアプローチのこの本。


なかなか面白かったです。


面白かった?
…だけでは、ダメなんですけどね。


ということで。

今日は、本のご紹介でした。






では、またね。
週末、楽しんで。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


今日も、本を注文してしまった。
今度は、ビジネス本。
一応、経営者の端くれなのです…

自営業は努力も大事(笑)

 

×ミニマリストの消耗品:ストックの数は?



朝いちばんに、窓を開けます。
今朝は、薄明るくなった空に、月が。


生活用品の中の消耗品のストック数はどれくらいですか?
洗剤、トイレットペーパー、調味料類など。

わたしは、こんな風に考えてストックしています。

…というか、ストックしてないかも(笑)

とても、ミニマリスト的なシンプルな管理の仕方です。


■ 使っているものが少なくなったら、買っておく


ただ、それだけ(笑)

要するに、元々の使っているものが少ないので、アタマで管理しやすいのですね。


● 洗剤類

例えば、洗濯。
洗濯に使っているのは、これです↓



液体洗剤で、柔軟剤は使っていません。
たいていのものはふんわりと洗えますし、残り香もほんのりいい香り。

もし、あなたの家族にアトピーっ子がいるなら、以前使っていたこれをおすすめしておきますね。
純度の高い粉石鹸。でも、粒子が細かくて、洗濯物に振りかけるようにして入れるとダマにもならずよく溶けます。



シャボン玉石けん。なつかしいわー。
子供たちが小さい時にはずーっとこれを使っていました。

液体タイプもありますが、粉の方が汚れ落ちが断然いいですよ。
赤ちゃんにも安心です。

ついでに、シャボン玉石けんの浴用固形タイプは、赤ちゃんの沐浴にも最適です。

洗剤は、洗濯用と、住居用のふたつ。
住居用は、以前もお知らせした通りのこちら↓



アルカリ水の水の洗剤(?厳密には洗剤じゃないね)
これ1本で、薄めて1年は使えますし、油汚れから手あかやすっきりさせたい拭き掃除なんかもオッケーです。
便利。

洗剤にストックはありません。
残り少なくなったら(もしくは、なくなってから)買います。

トイレットペーパーなども、同じ。
残り少なくなってきたら(後1個!とか。笑)買ってきます。


● 調味料

これも、基本ストックしないです。
もうなくなるー、っていうタイミングで購入。

なくなってから買いに行くのでも全然問題ありません。

ないなら、ないなりの料理にすればいいだけですものね。
そして、次の日のお買い物の時に買えばいいです。


基本の考えが、

・なくても、なんとかなる!


ですから(笑)


こう言うと、災害の時に(もしもの時のため)必要なものは?と思うかもしれませんが、
災害時に必要なものは、

水、すぐに食べられるもの少し、
赤ちゃんがいるお家は紙おむつ1パック、生理用品1パック。
トイレットペーパー少し(ウエットティッシュの方がいいかも)

懐中電灯、避難用具(都会の人は)
田舎にいると、外に出たら広いところがたくさんありますから。
近所の助け合いもありますしね。


どれくらいストックしておくか?というのは、各自考えが違うと思いますが、子供がまだ小さなお家は、少しストックを多くしてもいいですね。
買い物に行けないこともありますから。

ただ、使っているものと新しいものひとつ。というので十分だと思います。


安いから、セールだから、お得だから。
こういう気持ちでは、買い物をしないように気をつけています。


あなたのお家、ストックの数はどれくらいですか?
もしかして、ストックするスペースがあったりして。

押し入れを開けると...ストック品のストック!なんて、笑えません(笑)
(前は、やってたのよ、わたしも)



この時期、災害時の避難用品も合わせて、ストックを管理し直してみるのもいいですね。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

もともとは、とっても心配性なのです。
でも、心配しても何にもいいことないでしょ?
だから、自分の思考のクセを直しました、とさ(笑)

思考のクセって、クセだから直るよ。

 

×モノを減らした先にある、楽しみ



断捨離で捨てるときの基準は、

・ガラクタ
・使わないもの
・好きではないもの
・なくてもいいもの

そして、イヤな記憶のあるもの。

モノには、それぞれにストーリーがありますね。

いらないものを捨て、気に入ったものを残し、
過去もある程度手放せたら、とても軽くなってきます。


モノが少なくなってくる。
持たない暮らしに慣れてくる。

そうなると、その先に、お楽しみが待っています。


それは。


■ モノの入れ替え


好きなものを残したつもりでも、ないと不便だという理由で残ったものもあるはず。
好きなものを残したつもりでも、そうでもないかも、と気づいてしまったものもあるはず。


ミニマリストミニマルライフシンプルライフは、心地いい暮らしの究極スタイルだと思っていますので、モノが少なくなってからも、お楽しみはたくさんあります。


新しいものを買うとモノが増えるので、ひとつ買う時にはひとつ断捨離。という方も、多いでしょうね。

暮らしにも、ファッションにも、メイクにも、新しいものを取り入れる新陳代謝は必要だと感じています。


■ 暮らしに、新しい風を

モノを新しいものと入れ替えて、より快適な暮らしへ。
暮らしの工夫には、終わりがありません。

自分のために。家族のために。

モノを少なくして、すっきりする気持ちよさもありますが、モノを選ぶ楽しみもあっていいですね。

新しいモノで、新しいストーリーを紡ぐ。
家族の時間、自分の時間の楽しい記憶を増やしたいです。


少ないもので満足する暮らしは、欲がないのとはちょっと違う。
足るを知ることも大切ですが「もっと良くしたい」という欲は、生きる力につながりそうです。


何かひとつ。
入れ替えることを考えてみませんか?

きっと。
もっと大切なものを見つけるかもしれませんね。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE :)


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


スローコーヒーライフ。
今、興味がある分野です。

コーヒーカップ、プレスポット、美味しい豆。

仕事柄、コーヒーや紅茶も大切なので。

ゆっくりと、コーヒーを楽しむ、ゆとりのある暮らし。
一杯のお茶を飲む時間を楽しむこころのゆとりが、暮らしのゆとりにつながるのかもしれませんね。


おやつの時間も、大切に(笑)

×「早起き」が楽しみになる朝時間の工夫

空12

気持ちよく晴れた空。
三寒四温で春が来る。

夜明けが早くなり、日暮れも遅くなり。

また、もっと早起きしたいな。と、思っています。

朝、好きなんです。
朝時間、大好き。


今日は、早起きを楽しむための工夫をお伝えしますね。
ミニマルライフ的な朝時間。


■ 早起きが楽しみになるコツ

● 朝ごはんを楽しみにする

おいしいパンを買っておいて、朝ごはんを楽しみにしています。

● おいしいコーヒー豆を買っておき、朝コーヒーを楽しみにする

朝ごはんの前に、一杯のコーヒーをいれて飲みます。
この朝一のコーヒーを、おいしい豆にすると、気分が上がります。
もちろん、美味しい紅茶の茶葉でもいいですね。

● 朝読書を楽しみにする

読みかけの本、新しく買った雑誌。
朝コーヒーを飲みながら、ページをめくる。
ああ、しあわせ(笑)

● 日の出の太陽を浴びる

夜が開ける瞬間の太陽のひかり。
暗い空が、うっすらと明るくなってくる。
この時の太陽のひかりは、エネルギーが高く希望に満ちています。
このひかりを浴びると、身体のサイクルも整ってくるのですよ。

● カフェで朝コーヒーを楽しむ

出勤のある方は、通勤途中のカフェに寄る。
わたしが街中の店をしていた時には、出勤途中にカフェによってコーヒーを一杯飲んでいました。
これにより、私生活から仕事をするスイッチの切り替えになっていたのですね。
カフェでの時間を過ごしたいがために、早起きができていました。

● 朝の手帳タイムをとる

手帳を開いて、つらつら考えを巡らす時間は至福です。
それを、朝の時間にとることで、一日の流れや一週間の流れがよくなる気がします。
焦らなくなる、というか。ゆとりが出るのですね。


いかがでしょうか?

「もっと、早く起きなくちゃ」と義務にするより、
「明日の朝、何しようかな?」と思う方が、楽しいですものね。


早起きする楽しみをつくると、自然に朝早く起きる習慣がつきます。


さて。
明日の朝は、何する?

わたしは、そうだなー。
とりあえず、おいしいパンでも買っておきますか!

ね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。
今週も、がんばろー。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


昨日はお休みだったのですが、もちろん早起きしました。
最近は、6時前に起きるかな?
目標は5時なのだ!

で、美味しいコーヒー豆をリサーチしてました。
候補がふたつ。
お取り寄せで、飲んでみるつもり。

また、感想などをアップしますね。

 

×「使いきる」始末な暮らしが豊かさにつながる



朝の果物。
最近は、もっぱら「りんご」。おいしいよねー。

いらないものをすぐに捨てるようにしています。
使わないものや、来た手紙も、すぐに封を開け確認したら保存もの以外は捨ててしまいます。

ちょっと置いておこう。というのがモノがたまる原因ですからね(笑)

今日は、

■ 使いきる

これを、考えたいです。


買ったものを使い切ることは、モノを活かすことにつながるので、できるだけ使い切ることにしています。

使い切ったら、何か…達成感ない?(笑)


例えば、ボールペン。
使い切ったら、すごーく気持ちいいです。

例えば、Tシャツ。
ほころびたら、つくろって。
もうどうしようもないくらいくたびれてきたら、ぞうきんにして使い切ります。
窓枠の汚れや、調理場の油汚れなどに。

シャツや靴下は、つくろいながら使います。
そして、チクチク縫いながら、次には何を買うかをリサーチ。
使い切ったら、新しいものを買いに行く。

ぞうきんも、使い切ったタオルで作りますし、
そのぞうきんも、ぼろぼろになるまで使います。

始末な暮らしです。


お金を持っているとか、貧乏だとかに関係なく、モノを活かした「使い切る」暮らしは、こころが豊かになりそうです。





有元葉子さんの著書を読みました。

ちょっと、きびし目(笑)
こだわりのくらしが美しくて、あまりの美しい暮らしにタジタジするかもしれませんね。

キッチン用品もオリジナルのものがあり、ステンレスの美しいものが多いです。

こんなに美しく暮らせたらいいなーと感じながら、まあ無理はしないでできる所から取り組んでみます。


最後の章に、「人も使い切る」ということを書かれています。


■ わたしを使い切る

そう、ありたいのです。わたしも。


出し惜しみしないっていうか、できることはやり切る、というか。
そんなこと。

人に対しても、見返りがあるからこれをしてあげる、
というのではなく、

できるから、する

という、単純なことを大切にしています。

できないことは、できない

のですから、できることをして差し上げたいですね。


1日のエネルギーも、一生懸命働いたり、家事をしたりして、使い切ります。

バタンキュー(古い?笑)と、眠れたら、最高にしあわせ。


人に対しても、モノゴトに対しても、自分に対しても。

■ 使い切る

こころに留めておきたいですね。


使い切った先には、何がある?

使い切り、からっぽの場所には、何か素敵な新しいものが入ってきます。


ホントだよ。実証済みですからねー。


きょうも、にっこり。
一生懸命に、ていねいに。

では、またね。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


本の紹介は、苦手です〜
子供の時も、作文は得意だったけれど、読書感想文は苦手だったな。

有元葉子さんの本を、まだ数冊読んでいます。

わたしの読書の傾向は、良かった本の著者をしばらく続けて読んでしまう。

有元葉子さんの暮らしの本を、またご紹介しますね。

そうだ!この「使い切る。」の本の中に紹介されていた掃除機が気になっています。
これを買おうかなーと思ってるのよ。



ね、コンパクトでいいでしょ。
有元さんも、使ってる。

ミーハーかしら?

×「整える」ことで、家は生まれ変わる



「整える」というと、整理整頓とか断捨離してモノを減らすとか。
そう、考えてしまいがちですが、わたしはちょっと違う。

自宅がレストランで、その室内のおそうじや管理をしているのですが、その時にも「整える」ということをとても大切にしています。

家を「整える」ということは、


■ たたずまいを設える(しつらえる)

■ きもちのいい空間にする


ということ。


きのうね、友人が新しく建てた、小さなお家に行ってきました。


母屋があり、そちらでも暮らしを営んでいるので、この小さなお家は彼女にとって「基地」のようなものかな?なんて感じました。

1階部分にトイレと小さなお部屋と小さな台所。
2階部分は、ロフトのようなスペースです。


小さなお家の小さな玄関を開けると。

そこには、彼女の雰囲気を丸ごと感じる、キモチのいい空間がありました。


家ってね。
住んでいる人が「何を大切にしているか」で、眼に見えない雰囲気を作っている気がします。


置いているものが特別ステキグッズでなくても(笑)
かもし出されたものは、住んでいる人を映し出しています。


「整える」というのは、この「雰囲気」を作ること。


窓を開け、風を通す。
カーテンを開き、ひかりを入れる。
花を、飾る。

そして。

その「家」という場所で、自分自身が満足して安心して過ごす。


そうするうちに、その家の雰囲気が作られ、温かな空間になるのだと思っています。


どんな高級な椅子があったとしても。
その場で暮らす人の気持ちが悲しいものだったら、家も悲しいと思うのです。


今住んでいる所が、今住んでいる家が(部屋が)どうであれ。
この場所を、気持ちのいい空間にしつらえることは、いつでもできますね。

そして、それは、あなたにしかできないことなのだと思います。


自分の家を整えることは、自分の家を愛すること。
そうすると、自分を愛することにつながり、周りの人をも幸せにできるのではないかな。


そんなことを、友人とお茶を飲みながら、考えていました。


「家を慈しむ」暮らしをしたいですね。


シンプルに。
ミニマルに。


家も、こころも。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )



↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


店も同じで、どれだけキモチのいい空間を作っておくか?というのが、わたしの仕事と思ってるの。
おそうじしてキレイにしておくのはもちろんだけど、その場にいる「わたし」も整っていたら、いい感じになります。

「空間を整える」っていうことも、「おもてなし」につながるね。

眼には見えないことだけれどね。



×ミニマルそうじ術:洗面台をいつもピカピカに



モノが少ないと、おそうじがしやすいですね。
部屋の中や棚の上にモノがないと、格段にそうじがしやすくなります。

といううれしい変化を、モノを少なくして行く過程で実感するのではないでしょうか?

きょうは、忙しいわたしも簡単におそうじできる「術」(?笑)をお伝えしますね。

まずは、洗面台から。


■ 使ったら、水滴はすぐにふきとっておく

顔を洗ったり、手を洗ったり、ぞうきんを洗ったり。
洗面台を使うと、周りに水滴がつきます。
この水を、小さめのハンドタオルなどを洗面台に置いておき、すぐにその場で拭き取ります。

これにより、水垢がつきにくく、いつも洗面台はスッキリ。

店のトイレの洗面台は、ピカピカにしておきたいので、洗面台のそうじは乾いたタオルで磨く!
ゴシゴシ磨く!(笑)水滴をとるだけでなく、ゴシゴシ磨くように拭き上げると、つるつるピカピカの洗面台です。何年経っても、新品同様。


■ 手洗いの石けんの下に小さなスポンジを置いておく

トップの写真のように、石けんの下に小さなスポンジを置いています。
石けんを使った後、石けん水がスポンジにしみ込み、石けん置きを汚しませんし、そのスポンジで洗面ボールや水栓周りを洗えます。

スポンジは台所の食器洗い用。
かわいいものも色々ありますので、おそうじも楽しくなりますね。
洗面台も、かわいい。(子供もにっこりです〜)


■ 髪の毛などが落ちた場合はティッシュでさっと取っておく

これも、すぐに、こまめに。です。
排水溝に小さな網をつけて(100円ショップにあるよ)それも、ティッシュで汚れを拭います。


洗面台をいつもキレイにしておくのは、あらためてそうじをするのでなく、こまめに、使ったらすぐに。
「ついでそうじ」が時短につながりますね。


毎日そうじします。
1日に3回そうじします。

自宅の一角(1階部分)がレストランですので、店のそうじ、家のそうじと、人の倍そうじしてる気がする(笑)
特別にきれいじゃないし、キレイ好きでもないのですが、だからこそ、こまめなそうじで面倒くささから解放されてますよ。


きょうは「洗面台」の、ミニマルそうじ術でした。


今、掃除機の新しいのを探しています。
掃除機も、容赦なく使う回数が多いので、すぐにダメになっちゃう。

いいなーと思うのがあるのですが。また、ご紹介しますね。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


自分が使った時には、こまめにそうじできるけど、
家人(夫と娘)が使った後は…

水浸し!
髪の毛も落ちてるしー。

「もー」って思うわー(笑)

 

×「ひとりの時間」で迷わず悩まない自分をつくる



ミニマリストも、シンプルライフも。
モノが少ないという以前に、アタマの中身が少ない(バカではない、笑)ということが大切です。

「自分は、どうであるか?」

これが分からないと、アタマの中もこころの中も混乱してしまいます。


ミニマリストシンプルライフ断捨離も、「モノ」から入るのは行動しやすいのでおすすめです。

おすすめですが、ともすれば「捨てる」「もたない」ということに意識が行き過ぎて、「どうしてそうしたいのか?」「その先に、何を求めているのか?」を忘れがちになってくるように感じています。


モノが少ないと、シンプル思考になって行くことは確かなのですが、「捨てなければ」「モノを持たないようにしなければ」と、「ねばならない」というキモチになってくるのは避けたいですね。


そうならないためには、これが必要だと思っています。


■ ひとりの時間をもつ


パートナーがいても、子供がいても、ペットがいても(笑)
忙しくて時間がないと感じている人も。

時間はない訳ではなく、時間はあるのです。
時間は、過ぎるだけに見えますが、刻むこともできるのです。

時間は「ある」と思えば「ある」のです。


わたしね、子供が小さな時。
子育て、家事、レストランの仕事、とても忙しかったです。
でも自分の時間を取らないと、「キーッ」ってなる(笑)
だから、ほんとに工夫しましたよ。

毎日やったのは「日の出とともに起きる」こと。

あの頃は、携帯もないし、パソコンもなかったから(昔ねー)
日の出とともに、そーっと起きて、ひとりの時間を作っていました。

コーヒーをいれて、小さなパンを温めて、
新聞を広げて、ゆっくり読む。

時には、読みかけの本の続きを読む。

ほんの1時間程の時間だったのですが、自分に還る時間として、ほんとうに大切だった。
そして、その時間が大好きだった。


寝ている間に、脳は1日の出来事を整理すると言われています。
それと同じように、自分ひとりの時間で、自分を整理する。


忙しさに流されていると、忘れてしまうことがある。
人の世話ばかりしていると、忘れてしまうことがある。
周りのことばかり気にしていると、忘れてしまうことがある。


それは。


自分のこと


自分が何を感じ、何を好きで、何が欲しいか。

「自分の快」が分からないと、いくらモノを捨てても、モノを持たなくしても、行き先を見失ってしまいます。


ミニマリストシンプルライフも、行き先が分からないと、迷路に入り込むと思うのです。


悩まない、迷わない。
そうした毎日になるためには、

誰とも話さず、誰にも会わず、周りのことを何も考えない。

ひとりの時間

自分だけのために、お茶を入れ、
自分だけのために、時間をつかう。


それにより、こころはしーんとした泉を見つけるのですね。


時々、還りたい、自分のこころの森。


静かな、音のない世界。
静かで、ゆたかな世界。
静かに、たゆたう世界。


ひとりの時間は、リセットの時間。
と、おもいます。


あなたは、ひとりの時間に何をしますか?
ふふふ。楽しみですね。



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


ぼーっとしてる時間が大好きです。
でも、ぼーっとし過ぎ!って夫に言われちゃう(笑)

わ、わたしだって、やるときゃやるさー(強がり)

そうそう。
菜の花のパスタを作りましたよ。
菜の花とオリーブオイルでシンプルな塩味のパスタ。

この時期、菜の花などの「花野菜」おすすめです。

伸びゆく先端の野菜は、エネルギーが満タンです。

美味しいしねー。



×シンプルに食べることは、シンプルに生きること



今朝は、バゲットにイズニーのバター(フランス/ノルマンディー産)を贅沢にてんこ盛りにして食べました。
美味しかったです。

日曜日に本屋さんへ行って本を買いました。
買いたいものは別になかったのに、クルクル回るうちに、手には2冊の本が!
ああ…また本を買ってしまった(笑)

本屋はわたしのテーマパーク。楽しいよ。

で、一冊は末期のガンを食事で克服した本。

友人が「思わず手に取って買ってしまった」と言っていたのですが、わたしも同じ気持ちになりました。

前半、闘病からの体験話しなのですが、これがスゴかった。






もう、何度も転移して、最後に歩けなくなって余命3ヶ月。
どうせ死ぬのなら、やりたいことをやるのだ!と、車いすでフランスへ渡ります。

モネの庭を見て、思い残すことはない。
水が飲みたくて立ち寄ったマルシェで、水がないので大嫌いなトマトを食べた。

味覚障害があったのに、食べたトマトは瑞々しく、身体にしみこむ美味しさだった。

食べることって、こんなに大切なのだ。

体中が喜んでいる。

それから、食べることに対して勉強し始めます。

今は、薬膳とフランス料理とハーブの知識を統合させ、独自の薬膳料理を教えています。

「自分の身体を自分で整える」


大切ですね。この考え。


自分の身体は、自分で整える。

シンプルですが、奥深い。
シンプルだけど、力強い。


薬膳は、食材が複雑になりますが、わたしはもっと単純じゃないかな?と、感じています。


この人の身体を立て直したのは、

■ 生きる力

そして、それは、

■ 食べたい

という、身体からの欲求だったのではないでしょうか。


「食べたい」は「生きたい」につながると思うのです。


何を食べるか?より、
「おいしいねー、おいしいねー」と食べることで、
身体は、その自然治癒力を発揮させるのかもしれません。


そして。

大切なのは「唾液」
よくよく噛んで、自分の唾液を出す。
よくよく噛んで、食材の味を噛みしめる。

「唾液」は、いちばんの「薬」だと思っています。


もっとシンプルに食べることを考えてみたいです。
食材は最小限、ミニマルに。
調味料も、最小限、ミニマルに。

ミニマルごはん。工夫しがいがありますね。


きょうは、何を食べようかなー。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


食に、特別なこだわりはないの。
「こだわり」って、からだを固くするでしょ?
そして、からだが固くなったら、こころもキュウクツ(笑)

何でも「おいしいー」と言って食べるのはわたしの特技(?)です。

まあね、単なる食いしん坊(笑)



×ミニマリストの旅行:持ちものリスト



明日から、1泊2日で東京に行きます。
毎年一度は東京のレストランに食事に行き、また、都会の風を(笑)呼吸してきます。

荷物は前から少ない方ですが、今回の旅行の持ちものをご紹介しますね。

バックは、2つ。
着替えなどが入ったトートバック。
手持ちのバック。

手前に写っているのは、化粧品類。

メイク落としはビオテルマをコットンに含ませて、ラップにくるんでいます。
メイク一式。
スキンケア、ヘアケア。

香りのものは、ディオールのお気に入りの香水(小さいビン)

メイクをするとき用の、ヘアバンド。

手持ちのバックには、
財布、ハンカチ、ティッシュ、アイフォン。
あと、本を一冊持って行く予定。

手帳は持って行かないです。
短い行程ですし、帰ってから書いたらいいかな、と。


着替えなどの荷物のかばんの中身は、



↑こんな感じ。

夫婦二人の下着。
ホテルの備え付けの寝間着が苦手なので
部屋着を二人分。
夫は、スエットの上下(薄手のもの)
わたしは、長袖のスエットワンピース。
いつも、寝間着にしているものです。

下着を置いた下の袋にまとめます。
(上が縛れるようになってるの。便利)
ディナー用に、ワイシャツとネクタイ。
わたしの小さなバック。


以上が、今回の旅行の持ち物です。


お金は、少し余分に持って行きます。
カードが便利かもしれないのですが、
なるべくカードを使わない暮らしをしているので。


今回の東京行きは、
レストランで食事2回。
パティスリー(お菓子屋)1軒。
お買い物は、合羽橋で焼き菓子の型を買うことと、いいなーと思う小さなトートバックのショップが銀座にありますから、ちょっと見てきますね。

お土産は、何か美味しい焼き菓子かパンかな。
美味しいもの好きな家族なのです(笑)


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


明日の朝に、出発。
ブログは、更新できないかな?
ツイッターは、投稿できるかも。

行ってきまーす(きょうは、仕事)

 

×ミニマリストの化粧ポーチとシンプルメイクのコツ



昨年11月の化粧ポーチの中身。
● 関連記事→「ミニマリスト的:化粧ポーチの中身」

今も、変わりなくこれだけのものがメイク道具です。

もし、あなたが若くて(20代)お肌もピチピチなら(笑)
この中で、使わなくていいものは、

アイメイクのアイテム。

アイライン、またはマスカラ。
どちらかひとつで十分ですね。

そして、アイシャドーは、いらないかも。
でも、薄い色をまぶたにのせると、さらにナチュラルに見えます。

若い方だと、薄いピンク系。
又は、明るいベージュ系。
夏には、薄めのブルーも涼しげです。

アイシャドーを塗るなら、ラインやマスカラはつけなくてもいいかもしれません。

年齢が上がってくると、目元はさびしくなりますので、メイクした方がいいと感じています。

年齢が上がってくる時の、メイクの間違いは、


● アイシャドーにラメが入っている
● 必要以上にマスカラを濃くしている
● アイラインを下にもひいている
● ほほ紅(チーク)を、濃くせまい範囲で入れている

これらは、フケ顔になりますので、注意してくださいね。


シンプルメイク、ナチュラルメイクのコツは

■ ラメの入ったものは、なるべくつけない

ひかりの作用で明るく見える効果もある「ラメ」は、照明を当てた撮影では映えるメイク方法ですが、普段の暮らしには合わないです。
明るく見せようとするメイクは、逆に「無理な若作り」に見えて損しますから、注意が必要。

■ もっとも大切なのは「チーク(ほほ紅)」

ほほの高い部分を中心に、こめかみまで広くぼかします。
薄く、薄く、重ねて塗ることで、ふんわりしたほほになります。

色は、色白の方でしたらピンク系。
色黒の方でしたら、オレンジ系が似合うのではないかしら?

どちらも、濃い色より、薄めの色を重ねて付ける方が、ふんわりとした印象です。

■ アイラインは、上のまつげを埋めるようにしてつける

下のラインはひかない。
上だけまつげを埋めるようにするのみです。
これならば、ラインが曲がってしまうなどの失敗は防げます。
まつげを埋めるようにして、ラインを入れたら、小さなアイシャドー用の細いチップでぼかします。
これで、自然な目元になります。

■ ビューラーでまつげを上げる+マスカラ

まつげがしっかりある方なら、マスカラは必要ないですね。
そして、ナチュラルな普段着の方も、マスカラはいらないと感じます。
マスカラは、目元がぼんやりしてきたと思う時に、少しつけると、目元の印象がはっきりしてきます。

マスカラのダマにならない付け方は、
・マスカラ液をブラシにつけたら、ティッシュの上でしっかりマスカラ液を落とす。
落として、もったいないと思わずに、しっかりティッシュで落としてください。
マスカラブラシに、かろうじてマスカラ液がついている状態。
このブラシでマスカラをつけると、何度塗っても、決してダマにはならず、一本一本が自然に濃くなります。

■ 口紅は、白味のないもの。

ピンク系か肌なじみの良いベージュ系。
薄く塗って、一度ティッシュで押さえて、その上にリップクリームかグロスをつけると、プルプル唇になりますよ。


チークは、大切です。
ナチュラルメイクにはチークが最も大切と思っています。
健康的に、ふんわりとした印象になるには、チークが決めて。

↓わたしが愛用しているディオールのチーク


薄めのピンク系がグラデーションになっています。
濃くつかないので、自然な仕上がり。


いかにもメイクしました、というより、明るいほんわりとした印象になるように、ナチュラルメイクも楽しんでくださいね。


もちろん、素肌がキレイなのは基本!(笑)
● 参考記事→「たった2ステップ!:シンプルスキンケアで肌改善」


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


メイク、仕事のない時やお出かけしない時には、ノーメイクです。
肌が明るくなってくると、この年でもノーメイクでオッケーみたい。

でもね、娘は「お母さん、ちゃんとお化粧しないとダメだよー」って言いますが(笑)

×白湯の効果的な飲み方



白湯を飲むことを続けています。

続けてみて、効果的な飲み方が少し分かり始めたみたいです。

関連記事→「白湯でダイエット?:ミニマリストの健康法」


結論から言うと、ダイエットに効果があるというのは、わたしには分からなかった(笑)
ただ、アーユルベーダーも研究した時期があり、白湯の効果は体感しています。



■ 朝いちばんの白湯

これは、胃の中に何も入っていない状態で、飲みます。
身体の中を温かな湯で洗う、という感じです。
冷えにも効果的ですし、胃があたたまって、動き始めます。


■ 夜寝る前の白湯

夜にコーヒーなどカフェインを取ると、眠りが浅くなってしまいます。
だから、寝る前、お風呂から上がったら白湯をコップ半分くらい飲んでいます。
身体とアタマの緊張がほどける感じですよ。


そして。
いちばんおすすめなのが、

■ 食事中の白湯

食事中にお茶ではなくて、白湯を飲みます。
アーユルベーダーで勧めているように、「すするように飲む」

3口くらい食べたら、白湯を少しすする。
また、食事に戻る。
食べている最中に、少しずつすするように白湯を飲むことで、消化に非常にいいですね。
胃もたれとか、胃の重さはなくなってきます。

夫も、食事中の白湯は欠かせないみたい。
量は、コップ半分くらい。
たくさん飲むと、胃液が薄まってしまい逆効果になりますから、食事中は程よい量で。


日中は、コーヒーも飲みますし、紅茶やハーブティも飲むことがあります。
白湯だけ、というストイックさはないなあ(笑)


ということで。
わたしの白湯的暮らしでした。


白湯、いいですよ、とっても。
食事中の白湯は、特におすすめします。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


朝いちばんの白湯を飲んだ後、少しだけ果物を食べます。
これで、酵素が効果的に取れる…はず(笑)

でも、朝ごはんの前の果物、いいですよ。

 

×トランクひとつになるための「生前整理」

花8

先日書いたこの記事→「「住み直す」モノと生き方を整理すること」

著者の方は、わたしのお店でお食事をしたことがあるということを思い出しました。(友人が連れてきてくれたの)
…と、そんなことではなく(笑)

居ながらにして「住み直す」という考え方で、生き方や暮らしを整理しています。
(とてもミニマリストミニマルライフ的な考えです)

店と暮らしが同じ場所の我が家。
2階部分が、生活の場所です。
ベットルーム、子供部屋、リビング。

どう暮らしたいか?
何が好きか?
仕事のやり方は、どうか?

そんなことを考えて、つらつらノートに書き出しています。


ふと、思ったのです。


わたしが死んだら、モノは残る。
そして、その残ったモノたちを処分したりするのは、子供たちだ。と。


死んだらなんて縁起悪いよ、って自分にツッコミを入れるのですが(笑)
もし(お得意の妄想)死んだら、残るものは少なくしておきたい。

子供たちに負担をかけないように。


「生前整理」という言葉があります。

■ 生前整理
:自分の死後の整理を、生きているうち(生前)に自分で整理すること



同じような言葉に「老前整理」があります。
これは、老後に備えて身辺を整理して、不要なものを処分し、住空間と心をスッキリさせる。ということです。

普通の断捨離やシンプルライフは「老前整理」に近いかな?


モノを少なくして行くことと同時に、最近やり始めたことがあります。

● 家族の大切な書類を整理し、ひと所にまとめる


まあ、財産は土地と家くらいですから、いいとして。
保険証書や、わたしなら、ネット関係を分かりやすくしておきたいと思っています。

2階のタンスの引き出しひとつ分に、保険証書とか、子供たちにとって大切なもの(生まれた時の記録やへその緒)をまとめることにしました。

家族写真は、ひとつの段ボールにいれています。
アルバムにしているものあり、バラに保存しているものあり。

ネット関係は、不要な会員サイトを解約し、使っているもののログイン情報は、書き記しておくつもり。
これらの情報も、上記のタンスの引き出しにメモをいれておきます。


できるだけ、普段使っているものも少なくして。
大切なものは、分かりやすい形で、ひとつの所にまとめておく。


今の年齢がどうであれ、人は必ずこの世から去る日がきます。

そして。

「死」を意識すると「生」に対して深い愛情が出てくるように感じています。


若い方は、実感がないかもしれませんが(笑)


残された人に負担がかからないように「生前整理」の考えで、断捨離とシンプルを極めたいです。


こうして行くと、トランクひとつ分くらいの荷物になるかも(希望)


まだまだだー。


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


暮らしの雑多なものって、ほんとうに多いですね。
捨てても、捨てても、出てくる出てくる(笑)

通帳(銀行)とカード類の整理もしなくちゃね。

 


×人間関係の断捨離?その前に、大切な2つのこと

花7

年度末も近く、職場での移動や転勤、学校も入学卒業、進級と、人との関係も変わってくる時期ですね。

今日は、「人との関係を断捨離し、シンプルなものにする」ことを考えてみたいと思います。

ミニマリストさんたち、ミニマルライフシンプルライフを目指している方。
人との関係をもっとシンプルにしたいですね。


人の断捨離、というと厳しい感じですが(笑)人間関係のアレコレがストレスのもとになっているのであれば、もう少しシンプルな付き合い方を考えてみてもいいのでは、と感じています。

断捨離、というと縁を切ってしまうことに聞こえがちですが、極端に関係性を断つことは、おすすめできません。

なぜなら。


人はね、ご縁があって出会うものだから。
人は、出会うべく人とは、地球の裏側にいても、出会ってしまうものだから。


それが、とても良い関係になる事もあるし、厳しい学びのような関係になる事もあるでしょう。


でも。

ご縁がある人としか出会わないのだとしたら、自分に利があろうがなかろうが、大切にしたいのです。

人との関係をばっさり切ってしまう事は、簡単です。

好きではないから、会わない。
苦手だから、別れる。
時間の無駄に思えるから、接触しない。


それにより、シンプルになるかもしれませんが、人として学びの機会を逃しているようにも感じています。


そこで、こんなふたつの事を心に留めておいて欲しいのです。


■ 来るもの拒まず、去る者追わず

説明いらずですね(笑)
出会う人とご縁をつなぎ、去って行く人はそのままに。
要するに、出会った人に執着しないということです。

好きな人と、一緒にいたい。というのも、ある意味執着。
嫌いな人と離れたい。というのも、執着です。

ご縁がある人と、ご縁が終わるまで、ゆるりと関係して行くつもりだと、少し楽に付き合えそうです。


■ 一期一会

いつも会っている人も、人生に一度しか会わない人も。
今、ここで、出会っている。
その「今」という瞬間を大切におもう。

わたしは、接客業が長いですが(笑)これは常に心に留めています。

今、目の前の人を、しあわせに。
今、目の前の人に、やさしく。

今、目の前にいる人を大切におもい、離れたら忘れるくらいの感じ方だと、人に振り回されることは少なくなってきます。


人と人とは、利害で関係を持つとストレスになります。

自分にとって、良いか悪いか?よりも、
相手にとって、自分はどうあるか?の方が、大切と感じています。


いやだなー、苦手だなー、と感じる人から学ぶ事、多いですよ。

相手は、鏡。

相手のイヤだなーとおもっているところは、振り返ると自分にもあったりして(笑)
認めるのは辛いのですが、相手は鏡というのは、本当みたいです。

やだわー(笑)


● 袖振り合うも多生の縁
:知らない人とたまたま道で袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁であるということ。

 →参考文献:故事百選


出会うべくして、出会った人を、大切に。


では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



きのうは、ひさしぶりの友人と会っていました。
会わない期間に、お互いに色んなことがあったね。
報告し合いながら、それぞれの人生に思いを馳せるのでした。

みんな、がんばってるよね。
よーし!(笑)