×人に振り回されない自分をつくる方法:「選ぶ」ことは「捨てる」こと



100人いたら、100通りの意見があります。

あの人はこう言うけど、この人はこう言った。
人がたくさんになれば、考えもたくさんです。


友達は多い方がいいですか?
少ないとさびしいですか?

ひとりでいるとつまらないですか?
仲間とワイワイした方が充実していますか?


■ 他人の意見というのは、その人の経験や人生に置いて導き出した答えであり、参考にはなるけれど自分の人生ではない


このことを、しっかりと頭に入れておかなければ、人の意見に振り回されてしまうと感じています。


素敵な人は、たくさんいます。
憧れの人も、いるでしょう。

ただ。

それは、その人のコンテクスト(文脈・背景)に置いて、機能するものです。


自分に応用するなら、自分なりのコンテクストで解釈して工夫しなくてはならないですね。


あなたの人生は、あなたのもの。
他の人の人生は、その人のもの。



そのことが腑に落ちると、「捨てる」ことが簡単になります。


人とのつながりを、「合わないから」という理由で切ることは、わたしにはありません。
「人を選ぶのだ」と偉い人が言ったとしても、わたしはそうはしない。


一期一会。
出会うべくして、この世で出会った。
運命というのは大げさだけれど、ご縁での出会いだと思うからです。

出会った人は、大切に思うし、大切にしたいです。

ただ。
その人の意見に振り回されたり、言いなりになったりするのは違いますね。きっと。


影響力の大きい人は確かにいます。
エネルギーの強い人は、巻き込む力も大きいですから。


余分なモノを捨て。
少なくなったものから「選ぶ」。

少なく「選ぶ」。
そして、その他は「捨てる」。

より少なく。より良いものを。


それは、「静かな力」となり、深いエネルギーになります。

派手な外向きのエネルギーではなく、自分を活かす内向きのエネルギーに。




大切なものは、ほんの少し。
大切にしたいことだって、ほんの少し。


たくさんのことを同時に同じだけ大切にすることは難しいですから。


大切なことを「選ぶ」というのは、
その他を「捨てる」ということなのではないでしょうか?


捨てて、見えてくるものもある。
逆に、ひとつだけ(もしくは極少数)選ぶと、その他を捨てられる。


そんな風にして、モノを少なく。
そして。人生もよりシンプルにしていきたいですね。


ミニマルライフとは、
「より少なく、より良く」を求める生き方なのだと感じています。


春から、自店の在り方を変えて行きます。
時間はかかりましたが、やっと答えが出そうです。

産みの苦しみ(笑)

そう。
「捨てる」も「選ぶ」も、とても時間のかかる厳しい作業です。

それをいとわないでコツコツやって行くと、自然に自分の人生を自分の足で歩けるようになります。


そして。
その続きがわたしをしあわせにし、周りをしあわせにすることにつながりますね。


ミニマリストは、アタマの中もミニマルです。


人生を、ミニマルに(笑)



では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


霧の濃い朝でした。

霧の中、車を運転してると目の前の少しの範囲しか見えない。
だから、とっても集中して運転していました。

うーん。
集中力って、目の前のことを注意深く見ることなのねー。

なんて、教訓を得たりして(笑)

幻想的な朝も、いいものです。
 
関連記事

×小さく暮らし、豊かに生きる

トゥシューズ

娘は、5歳のときから18歳になるまでバレエを習いました。
小学校に上がる前に、いとこの子供がバレエを習っているのを見て、わたしもやってみたいと言ったのでした。

お金にゆとりのある暮らしではなかったのですが、子供がやりたいと自ら言ったことに対しては、「できない」というよりも「どうしたらできるか?」と考え、たいていのことは叶えてやりました。

今日は、「大切なことを、大切にする」というシンプルミニマリストな生き方になった理由を、少し書いてみたいと思います。

美しい話しではなく、赤裸裸(笑)でもなく。
実際に経験したことです。


ミニマリストさんがミニマリストになった理由は何だろう?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


まずは、こんなことから。
続きを読む
関連記事

×断捨離でもミニマリストでもない「シンプリシティ」という生き方

おやつ1
   おやつは、こころの楽しみです(笑)


昨日、「ノームコア」というファッションを考えたことが、「普通であること」「シンプルであること」の意味をあらためて考えるきっかけになりました。

昨日の記事→『「ノームコア」という普通』


このブログを開設して、3ヶ月強。
書きながら、自分の想いを確認する作業をしているように感じています。

アタマで考えるより、「書く」という作業をすることで、自分のコアな部分に降りてきているようです。


ブログを書くということは、こういう効果もあるのですね。


というか、10年前くらいから(ブログが増え始めた初期)色んなところに文章を綴ってきました。
書き続けて行くことで、キモチの変化、こころの在り方の変化、暮らしの変化、そして仕事の変化。

人は、変わり続けるものですね。


明日は、日曜日。
このブログに書くことをもう一度考えてみたいと思っています。

ミニマリスト、という言葉の定義を、別の言葉にしたい。

モノは、捨てて少なくなりました。
でも、「ミニマリスト」のように、最小限にしたいわけではないな、と。

「普通」でありたいですし、「普通」であることは大事とも思っています。

シンプルライフ」というと、漠然としているのですが、やはり「シンプル」であることの方がわたし向きかしら?なんて、思っているのよ。


若くはないし、これからますます歳を重ねて行く中で、暮らしも仕事も「縮小」の方向に進んでいます。


仕事は、自宅がフレンチレストランです。
夫と二人だけで、レストランをし、暮らし、ここですべてを完結しています。

暮らしも、仕事も、小さい。

小さいけれど、とてもしあわせを感じているのです。


もちろん、好きなことをするために収入はきちんとあることが大前提。


レストランという仕事は、わたしたちの「生き方」の一部になっています。
(何たって20年以上もやってますから!)
そして、わたしの「サービス」という仕事は、わたしの「在り方」でもあるのです。


断捨離をし、モノを捨て、最小限がよかろうとミニマリストを目指してみて。
今、それらを超えたところにきているみたい。


普通であること。
シンプルライフ

そう想うとき、


シンプリシティ」ということがしっくりきますね。
まだまだ、発展途上ですが(笑)


[ シンプリシティ simplicity ]
  :簡単・単純
  :簡素・質素・地味
  :純真・無邪気・気取りのないこと
  :人のよいこと・実直・無知

 〜 with simplicity 〜
  :無邪気に

って、そんな感じ(そんな感じってどんな感じよ〜、笑)



では、また。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


読んでくださって、ありがとう。


 

×ミニマリストは「小さな豊かさ」

紅葉空

色付き始めた、木々の葉っぱ。
秋の空を、染めています。

モノを捨てて、軽くなってくると、以前のたくさん持っていた時の事が信じられないキモチになりますね。

断捨離も、ミニマリストも、モノを少なくしていく作業の繰り返し。
そんな中で、自分が大切にしているものが際立って来ました。

たくさんある事が、豊かだった時代。

そんな時代は、もうとっくに過ぎ去っているような気がしています。

では、「そんな時代」が過ぎ去った後、「どんな時代」になるのかしら?


ちょっと、考えてみたいのですよ。

「暮らす」「働く」の、ふたつの面から観てみました。


↓クリックで応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

続きを読む
関連記事

×ミニマリストの暮らしと仕事

ブルーベリー紅葉

14年前、自宅でレストランを開きました。
街中からの移転という形で。

こんな田舎の自宅でレストランを営業しつつ、子育てもし、暮らしてきました。
それが、ミニマリストに計らずもなってしまっている大きな原因だと感じています。


よく聞かれる事のひとつに

「そんなところで、やっていけますか?」

というのがあります。


今日は、そんなところで(笑)やっていけている理由を少し考えてみたいと思います。



↓ランキングのカテゴリーを変えてみました。クリックで応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



続きを読む
関連記事

×日々:続けて行く事

柿

日曜日。夜。

ゆっくり過ごした日曜日は、しあわせですね。

昼間は、夫と買い物に行き、帰って娘と三人で昼ごはん。
簡単なものですが、家族でごはんを食べるのは楽しいです。

先日、息子は結婚して別世帯になりましたので、3人になってしまった。
さびしいですけど、しあわせな事なので、感謝しています。

ミニマリストへの段階で、たくさんのものを捨ててきました。

服、小物、本、人との関係。

捨てるたびに、大切なものをみつけて行く旅、って感じ。


夜のブログは、こうして日常の事を少し書いて行こうと思っています。


夫と二人で、自宅でレストランをやって、仕事と暮らしとが一緒のライフスタイル。

モノを少なく、やる事も少なくしていかなければ、こんな風に長くは商売が続かなかったのだと感じています。

嬉しいこも、そうでないことも。
夫婦二人で同時に感じ、乗り越えてきました。

まあ、色々ありましたけど(笑)


続けて行く事。
続けられるように工夫する事。

そして、それらのひとつひとつが自分たちの成長にもつながっている実感があります。

何でも、始めるのは簡単です。
それを、続ける事が難しい。


感情に流される事なく、清々と。
できる事を、ていねいに。

今日は、そんな事を改めて考えたのでした。


ミニマリストは、シンプルなライフスタイルでもあり、そしてまた、丁寧に生きるという生き方なのだとも思っています。


生き方=仕事+暮らし


自宅で仕事をしているライフスタイルの工夫なんかも、お伝えできたらいいな、と思います。

ブログを始めて、3ヶ月。
まだまだ、続くのですよ〜^^


いつも、読んでくださって、ありがとう。
これからも、よろしくお願いします。


↓カテゴリーを変えました。いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村



関連記事

×振り返り20%、計画80%で上手くいく

車窓雨

只今、台風中。
ムスメは、仕事に行ったけど(百貨店勤務)大丈夫かしら?

今日は、日曜日。
一週間の振り返りと、来週の計画を立てようと思っています。

一週間の振り返り、してますか?

基本、ナマケモノだから、だらだら生きて行きたいわけですが(笑)
やはり、やりたいことがある場合は、
振り返ったり、おおまかでも計画を立てたりするのは大事かな、と。

振り返りと、計画を立てる上で、ミニマリストのシンプルライフに、
助けになる考え方を、今日はお伝えしたいと思います。


この考え方の参考になるは.....
続きを読む
関連記事

×シンプルなお金の考え方




昨日の記事「ミニマリストの家計管理」で、ご紹介した、この本。


お家で商売をしていて、家庭の主婦でもある私にとって、
ビジネス個人経営)と家計というのは、密接につながっています。

家が仕事場(店)であるので、水道光熱費とか、食費とか、
キッチリ分けたらベストなのかもしれないですが、なかなか...


そこで、会社(株式会社のような企業)にせずに、個人経営のまま、
できるだけ簡単に、シンプルにお金を見ていきたいと思っているのです。


いままでも、あれこれやってきました。

家計簿と店の帳簿を融合させたような帳面をつくってみたり。
アプリをつかって、お金の管理をしてみたり。

でも、なかなか上手い具合にシンプルにならなかったのです。


今回、この本「正しい家計管理」で、帯にこんな言葉があります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんぶり勘定は
低収入より、恐ろしい。


家計簿は必要ない。黒字システムを作るだけ。
これまでの会計管理、市販の家計簿に挫折したすべての人へ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さらに、「はじめに」のところで、こうも書かれています。


↓ランキングがんばってます。クリックで応援よろしくお願いします〜^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


「はじめに」より......↓
続きを読む
関連記事

×あなたがあなたであるために

フランスレストラン

写真は、フランスのレストラン。
お昼前のまだ静かなセッティング。


大阪で、とても素敵なレストランへ2軒行きました。

一年で何度か関西、東京と旅して、レストランを廻ります。


なぜか?と言うと。


いいものを見ることが大事だと「贅沢とミニマリスト」7/23記事で書きました。


自分が仕事としていることへの、クオリティーを高めることにつながるからです。


そしてまた、こうも思うのです。


私がわたしであるために、なにを努力していくのだろうか?と。


行った先のレストランや、東京でいつも行くレストランの人達は努力を重ねています。

それも、見えない所で。


その、見えない努力を知ることで、自分はまだまだだ。
そして、私はわたしであるために、何を努力するだろう。

何を努力していけばいいのだろう。


そんなことが、分かるようになります。


人生、豊かに生きたい。
毎日、充実していたい。

しあわせで、ありたい。


人は、そう思うけれど、
それに向かっての努力は、果たしてしているだろうか?

ぼんやり、思うだけではないだろうか?


レストランを仕事にするなら、
カフェを仕事にするなら、
モノ作り(クリエーター)を仕事にするなら、

その仕事は、あなたの人生である、ということだと思うのです。


レストランは、レストランとして。
クリエーターはクリエーターとして。
暮らしを守る、主婦なら主婦として。

毎日を全うできたら、いいな、って思っています。


そのための、生き方、仕事のスタイルとして

「自宅カフェ」

は、ひとつの選択肢であり、


暮らしの、生き方のスタイルとしての補助になるものが、


「ミニマリスト」

であるのですね。


仕事スタイルの例としては.....


↓今日も、読んだよ〜って、クリックしてくださいね^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


続くよ〜

 
続きを読む
関連記事

×ミニマムな生き方

イネスチョコ
 
ゆっくり 歩こう

ゆっくり 生きよう

空のいろを ながめながら


ずっと、お家でレストランをしてきて、分かったことがたくさんあります。


たいせつなもの。
たいせつにしたいこと。

たいせつな人。


たくさんモノを持つより、今もっているものを大事にする。
たくさんのことをやるより、今やっていることを丁寧に。


小さき人は、世界を変えられない?

いいえ。

小さきモノたちが、手をつなぎ、世界を変える。


そんな世界は、きっと来ますね。



だから。


きょうも、わたしは。

小さな暮らしを愛し、
小さな店を守り、

出会う人とのご縁を大事にしたいです。


ミニマムな、生き方。

特別ではない、なんでもない日々の中に
たいせつなものは、ある。


究極のシンプルライフの始まりです。



写真は、おいしっくすお試しセットのおまけ?
チョコバーです。

おいしかったかって?


うーーーーん、微妙(笑)

でも、うれしかったですよ。
おいしっくすさんのお気持ちが。



今日も、にっこりと。

LOVE : )





↓ミニマムっていいなー、って思ったら、クリックしてくださいね^^
ありがとう、ね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    
シンプルライフ ブログランキングへ

関連記事

×シンプルライフとリッチマインド

シュークリーム

私のお家は、レストラン。
14年前にオープン。

暮らしと仕事が一緒になっているだけでなく、ここで子供たちも仕事をしながら育てました。

山あり、谷あり、谷あり、谷あり.......(笑

紆余曲折色々あり、今に至る。


今はね、毎日楽しいですよ。
家族といつも一緒。
旦那さまとも、いつも一緒。
(イヤ?笑)

自分の好きにしたいから。
自分が自由に生きたいから。
自分が本当に求めている暮らしがしたいから。


わがまま、ですね。


でもね、わがままって大事ですよ。

だって。
自分がしあわせでなかったら、周りの人をしあわせには出来ないですものね。


紆余曲折色々あり(くどいですか)
でも、あきらめずに工夫してきて、今がある。


お家で仕事をして、暮らしを楽しんで。
モノは、少なく。
やることも、少なく。

シンプルに、シンプルに。


でも、こころは豊かでありたいし、いいもの食べたい(笑)
いいものを身につけたいし、好きなことをしたい。

こころをリッチにしておくために、いいもの食べたり、ちょっと贅沢なものを買ったりもします。


収入の多い少ないではなくて、お金の使い方をどうするか?だけのこと。


多くは、持っていないし、持とうとも思わないです。
少なくていい。ほんの少しでいい。

いいものを見極めたいですよ。


更年期世代になりましたが、美しさもあきらめませんわ(笑


続きを読む
関連記事