×日記が暮らしをシンプルにする

空11

日記を毎日つけています。
手帳に書く年もありますし、パソコンで保存している年もあります。

日記をつけるようになって、変わったことがあります。

それは。


■ 暮らしをていねいに思うことができるようになった

ライフログのように書き留めておこうと思ったら、何だか暮らしに対してていねいさが出てきたようです。冷静になり、より静かな坦々とした毎日です。

■ やっていることや食べているものを振り返って、いらないものを手放す手助けになっている

書き留めることで、振り返りができます。振り返った時に、自分に必要でなかったなと思うことが見えてくるのです。それを、やめる。ただそれだけで、とてもシンプルになってきました。

■ 無意識を意識化できるようになった

日々は、無意識に過ぎて行きます。それを意識し書き留めることで、自分の行動に責任をもてます。
何が過剰なのか、何が不足なのかがわかってきます。



そして、日記をつけることで「今日」という日が際立つ効果も感じているのです。

自分が、何をいちばん大切にしているのか。
自分は、何をやりたいのか。

「今日」が際立ち、「今日」に迷いがなくなります。


日記。いいですよ(笑)


昨年末から、毎日スマホとパソコンに保存できるアプリを再度使うことにしました。
そこに、日々の出来事やお天気などを保存。

手帳にも、簡単に書いています。


自分を静かに見つめる時間になっていて、それがとても心地いいです。


読んだ本。
食べたもの。
気に入った言葉。
家族の出来事。
ふと、感じたこと。
悩んでいること。
自分をはげます言葉。


今の自分に「OK」を出し続ける。


日記の効果。あらためて感じています。


とても、いい本を読みました。
静かで坦々とした暮らしと仕事。

祈るような日々は、わたしと同じ匂いがしました。
(彼らの方がずいぶん若いけれど)

暮らしと仕事が同じところで完結する。
それは、生き方がまるごと仕事につながることでもありますね。

小さな暮らしは豊かである。そんな本です。





では、またね。
きょうも、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ほんとうにありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


きのう、久しぶりに図書館に行きました。
読みたい本が図書館にあるとうれしいね。
上記の本は、買ったよ。何度も読みたいから。

本は、キンドルより紙の本が好きだなあー。

 
関連記事

×ミニマリストの「捨てた先に何がある?」



店で、お客さまにサインをして頂くために使っているペン。
(PILOT Stanza)

何年か前に、東京の銀座で購入しました。
大きな文房具店で、このペン1本を選ぶのに、1時間以上かけました。

効率や即効性を求めることが多い、今の世の中。
非効率で、時間の無駄のようなペンの選び方。

ネットで検索したら、すばらしいペンはたくさんあるだろうけれど。

わたしとしては、お客さまにサインを求めるペン1本にも、自分の世界を現せたいと思っています。
店の在り方として、自分たちが住んでいる世界を、店の細部にいたるまで現して、ひとつの世界観を作っています。

この店に一歩踏み入れただけで、その人がいつもなじんでいる世界とは違う「この店」ならではの世界観でおむかえしたい。

そんな風に思っているので、ペン1本と言えど、妥協はできません。
(頑固者?笑)


断捨離ミニマリストシンプルライフ
捨てることで叶えられる世界ではあるのですが、
はたして、捨てた先に何があるのだろうか?と、疑問に思うことも多いのです。


捨てて、捨てて、捨てて。
その先に、何がありますか?

一緒に、考えてみませんか?


ミニマリストさんたちの、暮らしも素敵^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


ミニマリストの、捨てた先に何がある?
続きを読む
関連記事

×ミニマリスト的:暮らしと仕事と

空8

今週も無事に終わり、今日はお休みです。
振り返り、明日につなげる。

振り返り、来週につないで行きたいと思います。

ミニマリスト的、今週のまとめをしますね。


■ 今週のまとめ

今週は、私自身のモノのご紹介をいくつかしました。
カバンの中身や化粧ポーチの中身。
それから、洗面台のご紹介や大好きな文房具(笑)も。

 ● ミニマリスト的:バックの中身

 ● ミニマリスト的:化粧ポーチの中身

 ● ミニマリスト的:文具と本

 ● ミニマリスト的:洗面所には何がある?


こうして、あらためて写真に撮ると、自分は少ないものでやりくりしてるんだな、って分かりました。
客観的に自分をみる事も、大事。
ブログ、万歳!(笑)


それから、今週も身体の事について書いています。
自営業、自分が倒れたら仕事になりません。
夫が倒れても、仕事にならないです。

なので、自分の(家族も)身体を整えることは、仕事の一部なのですよ。

忙しい毎日で、できるコトを工夫してきましたので、
ご参考になればいいな、と思っています。

 ● ミニマリスト的:冷えとダイエットの関係

  →この記事からの続きです「秋冬の緊急冷え性対策(1):冷えを断捨離しましょう」

 ● オリゴ糖で腸内デトックス:カイテキオリゴで便秘解消

冷えと、デトックス
冷えは万病の元ですので、1番気をつけたい事ですね。
そして、巡りのいい身体になりたい。


来年に向けて、11月は方向性を決める月です。

 ● 断捨離リスト:2015年シンプルライフへの準備



夜の更新では、日常を書きました。
日々の事、感じる事、など。

 ● 100人いれば、100通りの夢がある

 ● ミニマムごはん:おべんとう

 ● 日々:夜中のおやつ

 ● 日々:振り返ると


コメントで、子育てについて質問を頂きましたので、
また、まとめてみたいと思っています。


コメントを頂いた事を受けて、あらためて私という「人」のご紹介を書いています。
プロフィール、というか、過去から歩んできた道です。

 ● ミニマル・子育て:空がおしえてくれたこと



脈絡のない、記事たちよ(笑)

でもね。
わたしにとっては、すべてがつながっています。

仕事、暮らし、家族、身体、こころ。
そして、生き方。

もう少し、読みやすいように、カテゴリーの整理をしなくちゃね。

整理整頓!(笑)

カテゴリーも断捨離!(笑)


では、またね。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


↓いつも、応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


夜は、子育てで大切にしている事をまとめてみますね〜
昨日のお客さま、あと20日でご出産とか。
お腹がパンパンでした。いいなー赤ちゃんとか(遠い目.....



関連記事

×ミニマル・子育て:空がおしえてくれたこと

手のひらに


叱らない子育てをしてきました。
それは、何か信念があった訳ではなく、
ある、ひとつの出来事が、わたしを変えました。

その後、

仕事のやり方を変え
仕事への考え方を変え、

日常の暮らしを何より大切にし、
家族をますます愛するようになりました。

その結果、色々な事がシンプルになり、
気がつけば、「ミニマリスト」なんていうカテゴリーの人に近づいています。


大切なものは、ほんの少し

ただただ、そう、思っています。

少し長いですが、プロフィールのような、独白のような(笑)
そんな文章になりました。


自宅でお店をオープンする前までの、お話しです。


↓いつも、ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

続きを読む
関連記事

×断捨離リスト:2015年シンプルライフへの準備

アイビー

あっという間に、11月も初旬を過ぎて。
時間の流れの速さにビックリしますね。

12月は、何かと忙しくて(店も忙しいです)
ゆっくりと考えを巡らせる時間が取りにくいと思っています。

なので、先日から2015年へ向けて計画を立てています。

とは言え、計画は計画で、その通りに事が運ぶとは限らないですし、むしろぜーんぜん違ってた!という事の方が多いのですが。

ただ、方向性は整えておきたいですね。

こういう興味で、こんな事をして、ここまでの事ができたらいいな、位の。

今日は、2015年断捨離計画をしてみました。

まだまだ、手放したいものはありますし、手放して新しいものにチェンジしたいものもあるのです。

さてー。
わたしの2015年断捨離計画。
もしくは、2015年ミニマリストシンプル改革かしら?(笑)


ミニマリストさんたちがたくさんいらっしゃいますよ〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


捨てるもの、手放して新しくするもの、ミニマム化促進...
続きを読む
関連記事

×日々:振り返ると



本日の、娘弁当(笑)
彼女の好きな、ウズラの卵を入れました。

弁当を作りながら、振り返る。

この娘が小学校に上がる時、
ここで店を始めました。

いつの間にか、月日が経ち、
娘も21歳。

一生懸命に働き、よく笑い、よく泣き。

勝ち気なところがあるものの、人を思いやれる人に育ってくれました。


叱らない子育てをしてきて、
周りには(夫にも)「甘い」と言われてきましたが、
教えるべきことは、十分に教えてきたつもり。


きょうも、からっぽのお弁当箱を洗いながら、
「お母さんの卵焼きは、やっぱり美味しい」

なんて言うから、明日もお弁当を作るのです(笑)


バカですね。

親は、バカでいいのだ!


今週も、おつかれさまでした。
楽しい週末を過ごしてくださいね。

また、明日。


↓いつも、応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


明日は、2015年の断捨離計画を書きたいと思います。
ミニマリストシンプルライフ
流行ではなく、本質を追究するのだ(笑)

関連記事

×ミニマル掃除:暮らしの中のお掃除の知恵

フランス7

毎日、おそうじしてますか?

お仕事をされていると、なかなか時間が取れないですね。

今日は、忙しい毎日でも簡単におそうじできてしまう方法をお伝えしたいと思います。

わたしも、家のそうじ+店のそうじと、回数は2倍ありそう(笑)
そこで、ちょっとの手間できれいになる工夫をしてきました。

そんなお話しです。


■ ついでそうじ

洗面台を使う時、水が飛び散りますね。
それを、使うたびにサッと拭くだけ。

小さめのハンドタオルを近くに置いておき、それでサッとひと拭き。
汚れがこびりつかず、水垢もつきにくくなります。

ヘアーブローの後、床に落ちた髪の毛は、ティッシュで集めて捨てています。
床や洗面台に髪の毛が落ちているのって、イヤですものね。

同じ理由で、お風呂に入った時、身体を洗って石けんのついたタオルを洗う時に、洗面器も一緒に洗ってしまいます。
これで、湯垢がつかず、いつもキレイな状態に。

風呂場のタイルも、小さなブラシを置いておき、お風呂に入ったついでに汚れをみつけたらゴシゴシしておきます。これは洗剤いらず。ブラシで軽くこするだけで汚れは落ちますから。

トイレはどうでしょうか?

流した後、便器とその周りの汚れをみつけたら、トイレットペーパーで拭いておくと、いつも快適な状態です。


● 使う → ミニそうじ = いつもきれい!

ひと手間が、後のそうじを楽にしてくれます。
楽というより、そうじいらずになりますね。


■ そうじの洗剤は、身体と自然にやさしいものを

昔は、アレコレと用途によって洗剤を使い分けていました。
顔がアトピーになった時、洗剤についてかなり調べて勉強しました。

それから、たくさんの種類の洗剤はいらないな、と感じて、今はそうじ用はひとつだけです。
普段は、水拭きが基本。

汚れを溜めなければ、水拭きで十分汚れは取れますから。

1週間に1度くらい使う洗剤があります(特に店の掃除、油汚れがつきやすいので)
洗剤というか、汚れを強力に落としてくれる水?なのかな?


(楽天にリンクしています。画像はお借りしました)

アルカリ電解洗浄水『水ピカ』
5倍程度に薄めて、スプレー容器に入れておきます。

換気扇などの頑固な汚れには、もう少し濃いめにして使っています。
この、頑固な油汚れや手あかなどの取れにくい汚れでも、シューッとひと吹きしたら、みるみるうちに汚れが浮き上がり、後は拭くか水洗いするだけです。

元々は、水ですし、身体にも環境にも害が全くないのです。
そこが、選んでいる理由。

風呂場、台所、トイレ、室内の壁やスイッチ周り、ベランダのタイルなど、これ1本で大丈夫。

ペットのトイレスペースの汚れや匂いも、きれいになります。

2リットルのモノを一本買っておけば、1年くらいは十分に使えています。


■ ちょっとしたホコリや髪の毛などは、ほうきで掃除

外回りはもちろんのこと、家の中(我が家は半分レストランなので、そのスペースも)も、ほうきで掃いてホコリや髪の毛を取っています。
じゅうたんはさすがに難しいのですが、フローリングならほうき。

フローリングワイパーなどのホコリ取りもありますが、用紙に薬剤がついていることが多く、確かにキレイにはなるのですが、だんだん油っぽくというか水拭きした時ぬるぬるしてくるので、好きではありません。

狭い範囲ならば、掃除機を出すより簡単で時間もかからないですよ。

掃除機は、1日1回だけ。すみっこの方を中心に。
後は、気づいた時に、ほうきでそうじ。



いかがでしょうか?
今日からできる簡単なことばかりをピックアップしてみました。


もちろん、モノが少ないとそうじの手間はグッと楽になりますね〜^^

日々、床もぞうきんがけします。
それが、かんたんなエクササイズになってる気がしますが、どうだろう?(笑)


明日から新しい一週間が始まりますね。
充実した一週間になりますように。

にっこりと過ごせたら、いいね。


じゃ、また。

LOVE : )


↓いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

×断捨離でもミニマリストでもない「シンプリシティ」という生き方

おやつ1
   おやつは、こころの楽しみです(笑)


昨日、「ノームコア」というファッションを考えたことが、「普通であること」「シンプルであること」の意味をあらためて考えるきっかけになりました。

昨日の記事→『「ノームコア」という普通』


このブログを開設して、3ヶ月強。
書きながら、自分の想いを確認する作業をしているように感じています。

アタマで考えるより、「書く」という作業をすることで、自分のコアな部分に降りてきているようです。


ブログを書くということは、こういう効果もあるのですね。


というか、10年前くらいから(ブログが増え始めた初期)色んなところに文章を綴ってきました。
書き続けて行くことで、キモチの変化、こころの在り方の変化、暮らしの変化、そして仕事の変化。

人は、変わり続けるものですね。


明日は、日曜日。
このブログに書くことをもう一度考えてみたいと思っています。

ミニマリスト、という言葉の定義を、別の言葉にしたい。

モノは、捨てて少なくなりました。
でも、「ミニマリスト」のように、最小限にしたいわけではないな、と。

「普通」でありたいですし、「普通」であることは大事とも思っています。

シンプルライフ」というと、漠然としているのですが、やはり「シンプル」であることの方がわたし向きかしら?なんて、思っているのよ。


若くはないし、これからますます歳を重ねて行く中で、暮らしも仕事も「縮小」の方向に進んでいます。


仕事は、自宅がフレンチレストランです。
夫と二人だけで、レストランをし、暮らし、ここですべてを完結しています。

暮らしも、仕事も、小さい。

小さいけれど、とてもしあわせを感じているのです。


もちろん、好きなことをするために収入はきちんとあることが大前提。


レストランという仕事は、わたしたちの「生き方」の一部になっています。
(何たって20年以上もやってますから!)
そして、わたしの「サービス」という仕事は、わたしの「在り方」でもあるのです。


断捨離をし、モノを捨て、最小限がよかろうとミニマリストを目指してみて。
今、それらを超えたところにきているみたい。


普通であること。
シンプルライフ

そう想うとき、


シンプリシティ」ということがしっくりきますね。
まだまだ、発展途上ですが(笑)


[ シンプリシティ simplicity ]
  :簡単・単純
  :簡素・質素・地味
  :純真・無邪気・気取りのないこと
  :人のよいこと・実直・無知

 〜 with simplicity 〜
  :無邪気に

って、そんな感じ(そんな感じってどんな感じよ〜、笑)



では、また。
今日も、にっこりと。

LOVE : )


読んでくださって、ありがとう。


 

×日々:暮れゆく空に想うこと



夕空が、だんだんに赤くなり、色を変えつつ蒼になる。

そんな時間に空を見上げて、今日1日を感謝するのでした。

でも、そこからまたひと仕事!なのですが(笑)


休憩中に、店の動画を作成していました。
写真を動画にする感じで。

なかなか、難しいね。
簡単にできるのですが、細かいところを調整していると、止まらなくなっちゃって。
こだわりも、技術があればこそよ!って、自分にツッコミを入れたいです。

最近また、やることリストを断捨離しましたので、ひとつのことに集中できる環境が整ってきました。

● 自分にできないことは、できないと知る
● 自分がやらなくていいことを見極める
● 自分が今できることに集中する
● やりたいと想ったことは、本当にやりたいことかをよく考える
● 「それは、わたしに必要?」という問いを常に自分にする


という風に、やることリストから削除するものを決めて行くと、アタマの中も整理できますね。


変えられないものは、変えられない。
変えられるのは、自分だけ。


自分をいい方向に変えていきたいですね。

より、シンプルに。
より、ミニマムに。


ねっ!


今日も、読んでくださってありがとう。
また、明日ね。

明日も、にっこりと。
LOVE : )


↓応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

×日々:あかりを灯す

灯り

「もう、6年も来てないのよ。色々あって、なかなか来れなかったの」

久しぶりのお客さまが、ご夫婦で来られました。
もう、そんなに時が経っていたなんて信じられないくらい。

その間にどんな事があったのかを話してくださるのを聞きながら、人生は色々だなあ、とあらためて思いました。

100人いれば、100通りの人生があり。
100通りの経験が積み重ねられています。

わたしは、わたしの歩みが。
あなたは、あなたの歩みが。

ねえ。不思議だね。


人って、小さな存在だけど、その小さな場所を明るく照らす事はできるね。

わたしは、ここで小さくレストランなんかやっているけれど、夜が来て店内を外から見ると、ポッとあかりが灯って、あたたかに見えるの。


仕事は、その先の人をしあわせにするものだと思っているから。
仕事は、この世界に何を放つか?って事でもあるね。

「わたしは仕事をしてなくて、専業主婦なんです」って言われる事があるけれど、専業主婦って仕事だと思うよ。
家族をしあわせにする環境をつくる。そして、やさしさとかあたたかさを、家庭内に放つ。っていう「働き」。

大切なことだと思うけどな。


家々にあかりが灯る。

それは、いちばんしあわせな事だと、思った今日でした(笑)


大事な事って、ほんの少しだね。


じゃ、また明日。
明日は「秋冬の支度」の事を、書きますね。

今日も、読んでくださってありがとう。

LOVE : )


↓応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

×ミニマリストは「小さな豊かさ」

紅葉空

色付き始めた、木々の葉っぱ。
秋の空を、染めています。

モノを捨てて、軽くなってくると、以前のたくさん持っていた時の事が信じられないキモチになりますね。

断捨離も、ミニマリストも、モノを少なくしていく作業の繰り返し。
そんな中で、自分が大切にしているものが際立って来ました。

たくさんある事が、豊かだった時代。

そんな時代は、もうとっくに過ぎ去っているような気がしています。

では、「そんな時代」が過ぎ去った後、「どんな時代」になるのかしら?


ちょっと、考えてみたいのですよ。

「暮らす」「働く」の、ふたつの面から観てみました。


↓クリックで応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

続きを読む
関連記事

×ミニマリストの暮らしと仕事

ブルーベリー紅葉

14年前、自宅でレストランを開きました。
街中からの移転という形で。

こんな田舎の自宅でレストランを営業しつつ、子育てもし、暮らしてきました。
それが、ミニマリストに計らずもなってしまっている大きな原因だと感じています。


よく聞かれる事のひとつに

「そんなところで、やっていけますか?」

というのがあります。


今日は、そんなところで(笑)やっていけている理由を少し考えてみたいと思います。



↓ランキングのカテゴリーを変えてみました。クリックで応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



続きを読む
関連記事

×ミニマムな生き方的、節約方法

雨

雨。
けっこう降ってます。

台風の影響でしょうか?
みなさまの所に、何事もありませんように。

さて、ミニマム的な生き方をしていると、何でも捨てるのではないってことが分かってきます。


■ 節約を目的にしない


あるものを、大切に。
今、持っているものを再構築する。

など、捨てるだけではない、もう少し工夫を重ねることが必要です。


一応主婦ですので(笑)節約なども、考えるのですよ。


ここでも、書きましたが、
「節約とお金の使いどころ(7/18記事)」


節約が目的になってしまっては、本末転倒です。
節約は、あくまで自分が豊かなキモチ暮らせるようになるためのもの。

そのために、今、自分にふさわしくないものは「節約」という考え方をする。


「正しい家計管理」

この本をもとに、家計管理を再構築中なのですが、4章に、こんな見出しがあります。



↓ランキングに参加中、クリックで応援よろしくお願いします〜^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


「正しい家計管理」
より、第4章......
続きを読む
関連記事

×シンプルなお金の考え方




昨日の記事「ミニマリストの家計管理」で、ご紹介した、この本。


お家で商売をしていて、家庭の主婦でもある私にとって、
ビジネス個人経営)と家計というのは、密接につながっています。

家が仕事場(店)であるので、水道光熱費とか、食費とか、
キッチリ分けたらベストなのかもしれないですが、なかなか...


そこで、会社(株式会社のような企業)にせずに、個人経営のまま、
できるだけ簡単に、シンプルにお金を見ていきたいと思っているのです。


いままでも、あれこれやってきました。

家計簿と店の帳簿を融合させたような帳面をつくってみたり。
アプリをつかって、お金の管理をしてみたり。

でも、なかなか上手い具合にシンプルにならなかったのです。


今回、この本「正しい家計管理」で、帯にこんな言葉があります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんぶり勘定は
低収入より、恐ろしい。


家計簿は必要ない。黒字システムを作るだけ。
これまでの会計管理、市販の家計簿に挫折したすべての人へ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さらに、「はじめに」のところで、こうも書かれています。


↓ランキングがんばってます。クリックで応援よろしくお願いします〜^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


「はじめに」より......↓
続きを読む
関連記事

×捨てた先にみつけた、シンプルライフ

トネリコ

朝から、セミが大合唱です。

君たち....元気だね(笑)


「軽トラック2台分捨てた日(7/7記事)」で書いたように、
断捨離を知って、そこからいらないものを捨てる暮らしをしてきました。

捨てて、捨てて、捨てて。

買う時には、選んで、選んで、選んで。


なるべく、少ないもので暮らせるように。
なるべく、小さく暮らせるように。
なるべく、こころが静かに暮らせるように。


そんなことを、思って、捨てることを優先してきました。


捨てて、選んで、自分を知って。
その先に、断捨離のやましたひでこさんは、

「ごきげんな毎日」

それが、手に入るのだと、おっしゃっています。


確かに、すっきりした暮らしと、ごきげんな日々は快適です。


それを、続けていったら、こんな風に思うようになりました。


↓ランキング、がんばってます。クリックよろしくお願いします〜^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


捨てた先に、みつけたものは......
続きを読む
関連記事

×あなたがあなたであるために

フランスレストラン

写真は、フランスのレストラン。
お昼前のまだ静かなセッティング。


大阪で、とても素敵なレストランへ2軒行きました。

一年で何度か関西、東京と旅して、レストランを廻ります。


なぜか?と言うと。


いいものを見ることが大事だと「贅沢とミニマリスト」7/23記事で書きました。


自分が仕事としていることへの、クオリティーを高めることにつながるからです。


そしてまた、こうも思うのです。


私がわたしであるために、なにを努力していくのだろうか?と。


行った先のレストランや、東京でいつも行くレストランの人達は努力を重ねています。

それも、見えない所で。


その、見えない努力を知ることで、自分はまだまだだ。
そして、私はわたしであるために、何を努力するだろう。

何を努力していけばいいのだろう。


そんなことが、分かるようになります。


人生、豊かに生きたい。
毎日、充実していたい。

しあわせで、ありたい。


人は、そう思うけれど、
それに向かっての努力は、果たしてしているだろうか?

ぼんやり、思うだけではないだろうか?


レストランを仕事にするなら、
カフェを仕事にするなら、
モノ作り(クリエーター)を仕事にするなら、

その仕事は、あなたの人生である、ということだと思うのです。


レストランは、レストランとして。
クリエーターはクリエーターとして。
暮らしを守る、主婦なら主婦として。

毎日を全うできたら、いいな、って思っています。


そのための、生き方、仕事のスタイルとして

「自宅カフェ」

は、ひとつの選択肢であり、


暮らしの、生き方のスタイルとしての補助になるものが、


「ミニマリスト」

であるのですね。


仕事スタイルの例としては.....


↓今日も、読んだよ〜って、クリックしてくださいね^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


続くよ〜

 
続きを読む
関連記事

×ミニマムなシンプルさもセンス?

フランスマルシェトマト

フランスに行った時、マルシェが楽し過ぎて、色々な場所のマルシェに行きました。

珍しい食材、なじみの食材。
生き生きとした、野菜や果物たち。

声をかけてくる店の人も、飾り気なく楽しそうです。

暮らしというか、生きる事を楽しんでいるみたいに思えて、うらやましかった。


日本に暮らしていると、規則や規律や道徳的なことに縛られて、自由ではないと感じてしまいます。


もちろん、感じているのは私であって誰かに強制されてはいないけれど。


他の人と違う事をしたら、恥ずかしい。
他の人と違う事をしたら、しかられる。
他の人と違う意見だと、それはダメだと言われる。


きゅうくつでした。


自宅でレストランをオープンした頃には、
まだ、誰もそんな変な事はやってなかった。


誰もが、反対しました。
誰もが、無理だと言いました。


人と違う事をするのには、こういった反対意見を聞かない強さが必要です。


フランスを旅して学んだ事は、


「自分の仕事に誇りをもち、自由に自分の人生を楽しんでいい」


その事が分かってから、ますます人と違う事をするのに抵抗がなくなりました。



フランス人はとてもセンスがいいです。
色の使い方。
カラフルだけれど、子供っぽくならず大人の雰囲気。

マルシェの野菜や果物を並べる事でさえ、美しい。


自分の暮らしや生き方を、よりシンプルにしたり、
自分の暮らしや仕事のスタイルをミニマムにしたり。


それらにも、センスが必要だと思いませんか?



↓今日も読んだよ、ってクリックしてくださるとうれしいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


センスって何だろうね....
続きを読む
関連記事

×ミニマムな生き方

イネスチョコ
 
ゆっくり 歩こう

ゆっくり 生きよう

空のいろを ながめながら


ずっと、お家でレストランをしてきて、分かったことがたくさんあります。


たいせつなもの。
たいせつにしたいこと。

たいせつな人。


たくさんモノを持つより、今もっているものを大事にする。
たくさんのことをやるより、今やっていることを丁寧に。


小さき人は、世界を変えられない?

いいえ。

小さきモノたちが、手をつなぎ、世界を変える。


そんな世界は、きっと来ますね。



だから。


きょうも、わたしは。

小さな暮らしを愛し、
小さな店を守り、

出会う人とのご縁を大事にしたいです。


ミニマムな、生き方。

特別ではない、なんでもない日々の中に
たいせつなものは、ある。


究極のシンプルライフの始まりです。



写真は、おいしっくすお試しセットのおまけ?
チョコバーです。

おいしかったかって?


うーーーーん、微妙(笑)

でも、うれしかったですよ。
おいしっくすさんのお気持ちが。



今日も、にっこりと。

LOVE : )





↓ミニマムっていいなー、って思ったら、クリックしてくださいね^^
ありがとう、ね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ    
シンプルライフ ブログランキングへ

関連記事

×デトックスとメンテナンス

budou.jpg

お家で仕事をしていると、暮らしと仕事の境界線がなくなってきますね。

ここまでは、仕事。
ここからは、暮らし。

そうキッチリと線を引ければいいのですが、なかなか...(笑

ともかく、自分を整えることを第一に考えてきました。
自分を整えるというのは、身体とこころをいい状態にしておくってこと。

水は、流れのない所では淀んでしまうように、身体も循環が悪くなると淀んでしまいます。
そして、こころもいつまでもひとつのことをグルグル考えてしまうと、流れが悪くなり、頑固な人になっちゃう〜。


まずは、デトックス。
そして、メンテナンス。


いらないものを、出して。
整えることを、する。


身体の面から。
こころの在り方から。


もちろん、複雑で難しいことをするのではなくて。
簡単で、楽に日々の中で出来ることを繰り返すだけです。


どんなことに、気をつけているかって言うと...

続きを読む
関連記事